欧州外国為替市場概況・20時 ユーロドル、下げ渋り
印刷
 3日の欧州外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。20時時点では1.1234ドルと17時時点(1.1234ドル)とほぼ同水準だった。全面安となった欧州株を眺めながら弱含み、19時半前には昨日の安値1.1223ドルを下回り一時1.1219ドルまで下落した。もっとも同水準から下には買いオーダーが観測されており、下値を攻め切ることはできずに1.1230ドル台まで買い戻された。
 なおメルケル独首相は本日、欧州連合(EU)復興基金案について夏までの合意を目指すとしながらも、協議の先行きは不確かであるとも述べた。独政府報道官は、メルケル首相が来週9日に(倹約4カ国の1つ)オランダのルッテ首相と会談することを発表した。

 ユーロ円は底堅い。20時時点では120.76円と17時時点(120.75円)と比べて1銭程度のユーロ高水準だった。ユーロドルが下値を試したタイミングで120.61円まで日通し安値を更新するも、その後は120.70円台まで下値を切り上げた。
 なおフランスでは、マクロン大統領が次期首相にジャン・カステクス氏を指名した。新政権で支持率回復を狙うマクロン大統領だが、求心力が戻るかは不透明とされている。

 ドル円はもみ合い続く。20時時点では107.49円と17時時点(107.48円)と比べて1銭程度のドル高水準だった。18時前に107.45円をつけるも、その後は107.50円前後で小幅に上下した。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.44円 - 107.57円
ユーロドル:1.1219ドル - 1.1249ドル
ユーロ円:120.61円 - 120.96円


(小針)
関連ニュース
最新ニュース
ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ