今日の株式見通し=堅調か 米国株は3指数が上昇しナスダックは高値を更新
印刷
 東京市場は堅調か。米国株は上昇。ダウ平均は177ドル高の26067ドルで取引を終えた。新型コロナ感染拡大への警戒がくすぶる中でもアップルやアマゾン、マイクロソフトなど主力どころの銘柄が強く、終盤にかけて買いの勢いが強まる展開。ナスダックは終値で史上最高値を更新した。ドル円は足元で107円20銭近辺で推移している。CME225先物は円建ては大証日中終値と比べて125円高の22495円、ドル建ては160円高の22530円で取引を終えた。

 米国株高を好感した買いが入ると予想する。日経平均はきのう安値引けとさえない動きとなった分、押し目買いも入りやすい。ただ、22500円より上では戻り売りも待ち構えていると思われる。10時半には中国CPI、PPIが発表予定で、これらの結果を受けた中国株の反応は注目される。強弱材料が入り交じる中、場中の動きは不安定になりやすいとみるが、足元の基調が強いナスダックが高値を更新した点は安心材料となることから、プラス圏は維持できると考える。日経平均の予想レンジは22450円-22700円。
関連ニュース
最新ニュース
ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ