東京外国為替市場概況・17時 ユーロドル、さえない
印刷
 9日午後の東京外国為替市場でユーロドルはさえない。17時時点では1.1336ドルと15時時点(1.1364ドル)と比べて0.0028ドル程度のユーロ安水準だった。時間外のダウ先物が下げ幅を広げたこともあり、欧州勢の参入後はリスクオンの流れが一服。ユーロポンドなど一部ユーロクロスの下げにつれた面もあり、一時1.1325ドルと日通し安値をつけた。
 なお、ユーロポンドは0.8964ポンドと6月18日以来の安値までユーロ安・ポンド高が進行。スナク英財務相は「すべての個別の職を守ることはできない、失業率は上昇するだろう」などの見解を示したが、英政府が昨日に総額300億ポンドの景気支援策を発表したことが引き続き好感されており、全般にポンドは底堅く推移した。

 ユーロ円は弱含み。17時時点では121.58円と15時時点(121.90円)と比べて32銭程度のユーロ安水準だった。ユーロドルの下落につれた円買い・ユーロ売りが進み、一時は本日安値の121.52円に迫る水準まで失速する場面もあった。

 ドル円は小動き。17時時点では107.24円と15時時点(107.27円)と比べて3銭程度のドル安水準だった。107.20円台を中心とするレンジ内推移が続いた。


本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.18円 - 107.36円
ユーロドル:1.1325ドル - 1.1371ドル
ユーロ円:121.52円 - 121.97円

(岩間)
関連ニュース
最新ニュース
ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ