東京外国為替市場概況・10時 ユーロ円、軟調
印刷
 10日の東京外国為替市場でユーロ円は軟調。10時時点では120.72円とニューヨーク市場の終値(120.98円)と比べて26銭程度のユーロ安水準だった。昨日NY時間からの下落トレンドは継続され、9時頃につけた121.07円を頭に下値を試す展開に。昨日安値120.90円を割り込むと下げ足を速め、120.70円まで下値を広げている。
 他クロス円もストップロスを巻き込みながら売り込まれ、ポンド円が134.75円、豪ドル円は74.28円、NZドル円が70.11円まで外貨安・円高が進んだ。

 ドル円は弱含み。10時時点では107.07円とニューヨーク市場の終値(107.20円)と比べて13銭程度のドル安水準だった。買い戻しが先行した時間外の米株先物を支えに107.20円台でじり高となるも、107.26円で頭を抑えられた。下落圧力が強まったクロス円にも引きずられ、週末の5・10日(ゴトー日)の仲値も盛り上がらず、昨日安値107.10円を下回り107.06円まで弱含んだ。

 ユーロドルはじり安。10時時点では1.1275ドルとニューヨーク市場の終値(1.1285ドル)と比べて0.0010ドル程度のユーロ安水準だった。軟調なユーロ円につれ安となり、昨日安値1.1280ドルを割り込み、一時1.1271ドルまで下落した。フランスが導入するデジタル関税に対し、米国が早ければ10日にも報復関税リストを発表するとの報道も重しとなったか。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.06円 - 107.25円
ユーロドル:1.1271ドル - 1.1288ドル
ユーロ円:120.70円 - 121.03円

(小針)
関連ニュース
最新ニュース
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ