ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円、底堅さ維持

印刷
 21日のニューヨーク外国為替市場で、ドル円は底堅さを維持。4時時点では104.79円と2時時点(104.74円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。
 米株は依然としてマイナス推移も、下値を広げる流れを回避。リスク回避のドル買い傾向は維持しつつも、一方でリスク回避の円買いが一層強まる状態ではない。ドル円は一時104.84円前後と、NY序盤にショートカバーが急速に強まった際につけた104.86円に近づいた。

 ユーロ円も戻す。4時時点では123.17円と2時時点(122.97円)と比べて20銭程度のユーロ高水準だった。ドル円の円安傾向に連動。123.23円前後まで戻す場面があった。

 ユーロドルは下げ渋り。4時時点では1.1754ドルと2時時点(1.1740ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ高水準だった。対円などのドルの底堅さは継続も、ユーロ円の戻りが支援となった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:104.00円 - 104.86円
ユーロドル:1.1732ドル - 1.1872ドル
ユーロ円:122.52円 - 123.94円

(関口)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ