欧州外国為替市場概況・22時 ユーロドル、戻り鈍い

印刷
 25日の欧州外国為替市場でユーロドルは戻りが鈍い。22時時点では1.1637ドルと20時時点(1.1644ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ安水準だった。欧米株価指数の下落に伴うリスクオフのドル高で一時1.1628ドルまで値を下げた。株安が一服したが、NY勢の本格参入を前に戻りも限定的となっている。
 なお、ポンドドルは下げ幅を縮小。1.27ドル割れでショートカバーが入ると、英首相報道官が「ここ数週間でEUと有益な意見交換があった」と発言したことも買い戻しを誘い、一時1.2750ドル台まで持ち直した。

 ドル円は底堅い。22時時点では105.50円と20時時点(105.44円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。全般ドル高が継続した影響から本日高値圏を保っている。

 ユーロ円は22時時点では122.76円と20時時点(122.78円)と比べて2銭程度のユーロ安水準だった。122円台後半でのもみ合いとなっている。

本日これまでの参考レンジ 
ドル円:105.24円 - 105.54円
ユーロドル:1.1628ドル - 1.1685ドル
ユーロ円:122.61円 - 123.15円


(越後)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ