28日香港株=反発して始まるか、米ハイテク株高を好感

印刷
 週明け28日の香港市場は反発して始まるか。ハンセン指数は5月29日以来ほぼ4カ月ぶりの安値圏にあるだけに、自律的な反発を見込む買いが入りやすい。前週末のNY市場でアップルなどの主力ハイテク株が上昇したことで、香港市場でも値ごろ感がある銘柄を中心に物色されるだろう。

 ただ、米中対立の激化懸念がくすぶるなか、買い一巡後は上値が重い展開があり得る。米商務省が25日、中国半導体ファウンドリーのSMIC(00981)の取引先に対し、特定製品をSMICに輸出する前に同省の許可を得るよう求めたと伝わった。

 25日の米株式相場はダウ平均など主要3指数がそろって上昇。27日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。インターネットサービスのテンセント(00700)とアリババ集団(09988)、不動産株の華潤置地(01109)が香港終値を上回った半面、銀行株のHSBC(00005)と中国工商銀行(01398)、香港公益株のホンコン・チャイナガス(00003)が下回って終えた。

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ