東京外国為替市場概況・10時 ドル円、弱含み

印刷
 28日の東京外国為替市場でドル円は弱含み。10時時点では105.39円とニューヨーク市場の終値(105.58円)と比べて19銭程度のドル安水準だった。三桁高で堅調スタートとなった日経平均や底堅い時間外のダウ先物にも反応鈍く、105.36円までドル安・円高に傾いた。市場では本邦輸出企業によるドル売りが断続的に出ていたとの声も聞かれた。スポット応当日が月末の仲値も目立った動きは見られなかった。

 ユーロ円は軟調。10時時点では122.42円とニューヨーク市場の終値(122.88円)と比べて46銭程度のユーロ安水準だった。ドル円につられ下値を試す展開に。厚めの買いが観測された122.50円を割り込み、7月20日以来の安値となる122.39円まで売り込まれた。他クロス円も、豪ドル円が74.11円、ポンド円は134.37円まで円高・外貨安が進んだ。

 ユーロドルは10時時点では1.1616ドルとニューヨーク市場の終値(1.1631ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ安水準だった。戻り鈍いままユーロ円と共に弱含み、1.1615ドルまで下値を広げた。

 トルコリラは売りが強まり、対円では13.37円、対ドルでも7.8279リラまでリラ最安値を大きく更新した。先週はトルコ中銀が予想外の利上げを決定したが、リラの反発は限定された。溜まったロングが流動性の薄い中で吐き出された形となった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:105.36円 - 105.69円
ユーロドル:1.1615ドル - 1.1640ドル
ユーロ円:122.39円 - 122.89円


(小針)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ