ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、上値重い

印刷
 28日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは上値が重い。24時時点では1.1644ドルと22時時点(1.1664ドル)と比べて0.0020ドル程度のユーロ安水準だった。欧米株価の上昇を背景にリスク・オンのドル売りが優勢となり、一時1.1680ドルと日通し高値を付けたものの、前週末の高値1.1685ドルが目先レジスタンスとして意識されると失速した。24時過ぎに一時1.1643ドル付近まで下押しした。
 なお、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁は「インフレは今後数カ月、マイナスが続くだろう」「ユーロ上昇はインフレ率を押し下げるだろう」「ECBは必要に応じて手段を調整する用意」などと述べたと伝わった。

 ドル円はじり高。24時時点では105.62円と22時時点(105.49円)と比べて13銭程度のドル高水準だった。欧米株高を背景に投資家のリスク志向が改善し円売りが優勢に。24時過ぎに一時105.66円付近まで上昇し、アジア時間早朝に付けた日通し高値105.69円に迫った。

 ユーロ円は伸び悩み。24時時点では122.98円と22時時点(123.04円)と比べて6銭程度のユーロ安水準。ユーロドルの上昇につれた円売り・ユーロ買いが先行し一時123.21円と日通し高値を付けたものの、ユーロドルが失速すると上値が重くなった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:105.27円 - 105.69円
ユーロドル:1.1615ドル - 1.1680ドル
ユーロ円:122.38円 - 123.21円

(中村)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ