豪ドル円80.40円近辺で小動き、12月の豪小売は変異種感染もあり前月比マイナスに

印刷
 12月の豪小売売上高は前月比で市場予想の-2.5%より弱い-4.2%となった。12月はウイルス変異種の感染が確認されて、豪州も規制が強化されていたことで前月比ではマイナスになることが当初から予測されていた。
 指標発表後も豪ドルの動きは限られ、対ドルでは0.7765ドル近辺、対円では80.40円付近で推移。

(松井)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ