23日香港株=反発スタートか、米長期金利低下でハイテク・グロース株に買い

印刷
 23日の香港市場は反発スタートか。米長期金利の低下を受け、高いPERのハイテク・グロース株が買われ、相場を押し上げる展開になりそうだ。先週1.75%まで上昇した米10年債利回りは1.69%台に低下。前日のNY市場でハイテク株比率の高いナスダック総合指数は1.23%高と続伸し、アップル、マイクロソフト、テスラ、ネットフリックスなどの主力ハイテク株が軒並み2%超上昇した。香港市場もこの流れを引き継ぐと予想する。

 企業の決算発表が本格化する中、業績を手掛かりとした個別物色も引き続き活発になるだろう。きょうはハンセン指数構成銘柄の吉利汽車(00175)、薬明生物技術(02269)、海底撈国際(06862)、中国生物製薬(01177)などが2020年12月本決算を発表する。また、きょうは中国検索エンジン最大手の百度(09888)が香港市場にセカンダリー上場する。22日のグレーマーケット価格(上場前の相対取引価格)は公開価格(252HKドル)を1.11%上回る254.80HKドルで引けた。

 22日の香港株の米国預託証券(ADR)は、英金融大手のHSBC(00005)が香港終値を下回った半面、中国インターネットサービス大手のテンセント(00700)やアジア生保のAIAグループ(01299)が上回って引けた。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を約160ポイント上回って寄り付くことになる。

関連ニュース

最新ニュース

ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ