ニューヨーク外国為替市場概況・24時 カナダドル、全面高

印刷
 21日のニューヨーク外国為替市場でカナダドルは全面高。カナダ銀行(BOC)はこの日、政策金利を0.25%のまま据え置くことを決めたと発表。市場の予想通りとなった。ただ、声明で「世界とカナダの経済見通しは改善した」と分析し、債券買い入れプログラムを従来の週40億カナダドルから週30億カナダドルに減額するとカナダドル買いで反応。さらに「現時点の予測では、政策金利は2022年後半まで維持される」と前回の2023年から前倒しするとカナダドル買いに弾みが付いた。対米ドルでは一時1.2475カナダドル、対ユーロでは1.5001カナダドル、対円では86.71円まで大きく値を上げた。

 ドル円はじり高。24時時点では108.16円と22時時点(108.05円)と比べて11銭程度のドル高水準だった。米長期金利が再び上昇に転じたことで円売り・ドル買いがじわりと強まった。

 ユーロ円は強含み。24時時点では130.09円と22時時点(129.81円)と比べて28銭程度のユーロ高水準。米国株相場が底堅く推移し、投資家のリスク回避姿勢が後退すると円売り・ユーロ買いが優勢になった。カナダドル円中心に他のクロス円が上昇した影響も受けた。

 ユーロドルは小高い。24時時点では1.2028ドルと22時時点(1.2013ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ高水準だった。ユーロ円の上昇につれた買いが入り、一時1.2032ドル付近まで値を上げた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.88円 - 108.28円
ユーロドル:1.1999ドル - 1.2044ドル
ユーロ円:129.64円 - 130.14円

(中村)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ