ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ドル円、小高い

印刷
 10日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小高い。2時時点では108.81円と24時時点(108.73円)と比べて8銭程度のドル高水準。米10年債利回りは1.59%手前まで上昇するなど、米金利の動きに反応が敏感なドル円は108.80円台で小高く推移している。

 ユーロドルはもみ合い。2時時点では1.2159ドルと24時時点(1.2161ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ安水準だった。米金利上昇で若干ドル買い・ユーロ売りに傾く場面もあるが、大きな値動きにはならずもみ合いに終始している。
 なお、カナダドルは対ドルで2017年9月以来となる1.2081CADまでカナダドル買いが進んだ。本日はここ最近の会合で、中銀が量的緩和の縮小を発表した英国やカナダなどの国の通貨への買いが進んでいる。

 ユーロ円は底堅い。2時時点では132.30円と24時時点(132.23円)と比べて7銭程度のユーロ高水準。米金利上昇のドル買いは、対円での反応が大きいことで、ユーロ円も底堅く推移している。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.47円 - 109.06円
ユーロドル:1.2137ドル - 1.2178ドル
ユーロ円:131.91円 - 132.53円

(松井)

関連ニュース

最新ニュース

ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ