22日の主な要人発言(時間は日本時間)

印刷
22日09:41 バイデン米大統領
「私の経済計画はインフレを長期的に抑制させる」
「ほとんどの専門家は、長期的なインフレが手に負えなくなる可能性は低いと考えている」
「米超党派インフラ投資法案を26日に再採決することを期待」

22日20:57 欧州中央銀行(ECB)
「必要に応じて全ての措置を調整する用意がある」
「インフレの中期的な見通しは依然として目標をはるかに下回っている」
「インフレ率の予測が進展を示すまで、金利は現状かそれを下回る水準にとどまる」

22日21:39 ラガルドECB総裁
「インフレは一時的に持ち直した」
「インフレ見通しは依然として低調」
「経済は7-9月期の力強い成長に向けて順調に推移」
「来年の1-3月期には経済活動がコロナ前の水準を回復するだろう」
「ユーロ圏の見通しへのリスクは概ね均衡している」
「長期のインフレ期待は目標を下回っている」
「PEPPについては議論されなかった」
「設備投資は持ち直しており、楽観的な兆しがある」
「9月の経済見通しがECBの今後の政策に影響する」
「インフレ率を意図的にオーバーシュートさせることはない」

南ア準備銀行(SARB)
「2021年の+4.2%と予想(前回+4.2%)」
「2022年の+2.3%と予想(前回+2.3%)」
「消費者物価指数(CPI)は2021年の平均は+4.3%と予想(前回+4.2%)、2022年は+4.2%(前回+4.4%)」
「コアCPIは2021年の平均は+2.9%と予想(前回+3.0%)、2022年は+3.7%(前回+4.0%)」
「短期的なインフレのリスクは上サイド」
「GDP見通しに下振れリスクが見られる」
「今後の金融政策はデータ次第」
「CPIの抑制により当面は低金利が維持される見込み」

※時間は日本時間


(中村)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ