ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円、上値が重い

印刷
 28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が重い。4時時点では109.98円と2時時点(110.04円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)では予想通りに政策金利は0.00-0.25%で据え置かれた。結果公表後に米10年債利回りが1.27%台まで上昇したことに後押しされて110.28円までドル高に振れた。
 その後の定例記者会見でパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、労働市場の完全な回復までには時間がかかると慎重な姿勢を示し、「テーパリング時期はデータ次第」「利上げには程遠い」などと述べた。会見を聞きながらドルは上値を切り下げ、一時109.93円付近まで下押しした。

 ユーロドルは強含み。4時時点では1.1838ドルと2時時点(1.1814ドル)と比べて0.0024ドル程度のユーロ高水準だった。FOMCの結果公表後に1.1773ドルまで一気に売られるも、直ぐに1.18ドル台を回復。パウエルFRB議長の会見を眺めながら全般ドル売りに傾くなか、1.1843ドルまでユーロ高ドル安が進んだ。
 ポンドドルも1.3844ドルまで下落後に1.3911ドルまで反発し、豪ドル/ドルは0.7317ドルを下値に0.7381ドルまで買われた。

 ユーロ円は底堅い。4時時点では130.20円と2時時点(130.01円)と比べて19銭程度のユーロ高水準。ユーロドルにつれた動きとなった。129.80円台まで下押し後に130.24円まで上値を伸ばした。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:109.74円 - 110.28円
ユーロドル:1.1773ドル - 1.1843ドル
ユーロ円:129.63円 - 130.24円


(小針)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ