ドル、弱い米指標を受けて弱含み ドル円は一時109.61円まで下落

印刷
 ドルは弱含み。4-6月米国内総生産(GDP)速報値が予想を下回る内容だったほか、前週分の米新規失業保険申請件数も予想より弱い内容だったことに売りで反応。ドル円は109.61円まで下落したほか、ユーロドルは1.1884ドルまで上昇した。

(越後)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ