欧州外国為替市場概況・20時 ユーロドル、軟調

印刷
 4日の欧州外国為替市場でユーロドルは軟調。20時時点では1.1856ドルと17時時点(1.1876ドル)と比べて0.0020ドル程度のユーロ安水準だった。堅調なポンドやNZドルに対するユーロ売りが続いたほか、独債利回りの低下が重しとなり一時1.1842ドルまで売られた。独10年債利回りは-0.491%、同30年債利回りは-0.021%と、半年ぶりの水準まで低下した。

 ドル円は小じっかり。20時時点では109.13円と17時時点(109.10円)と比べて3銭程度のドル高水準だった。ドルは、ポンドやNZドルに対しては軟化。しかし、ドルインデックスにおけるシェアが大きいユーロに対するドルの底堅さが支えとなり、ドル円は一時109.24円まで上昇した。本日まで109.30円に位置する日足一目均衡表・雲の下限や昨日高値109.34円などを意識させる動きとなった。
 
 ユーロ円はさえず。20時時点では129.39円と、17時時点(129.58円)と比べて19銭程度のユーロ安水準だった。他のクロス円やドル円の円安推移は押し上げ要因とならず、ユーロドル同様に独債金利が低下するなか重く推移した。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.93円 - 109.24円
ユーロドル:1.1842ドル - 1.1880ドル
ユーロ円:129.23円 - 129.62円

(関口)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ