ドル円 下値探る動き、110.10円OP付近の動きがポイント

印刷
 ドル円は、110.50円の厚い売りやオプション(OP)が上昇を阻み、同水準超えに観測されたストップロスの買いをつけることができなかった。戻りを試す場面を挟みながらも、下押し幅を広げている。

 目先は下値110.10円のOPをこなして下攻めが進むかどうかがポイント。今夜は欧州中央銀行(ECB)絡みの為替の振れも波乱を誘うことが想定できる。

(関口)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ