NY株見通し-もみ合いか 経済指標は9月ミシガン大消費者信頼感指数速報値

印刷
 今晩のNY市場はもみ合いか。昨日は強い米8月小売売上高を受けて上昇してスタート後、大きく反落したが、再び買い直された。ダウ平均とS&P500は下落幅を大きく縮小して終了し、ナスダック総合は小幅ながら2日続伸となった。S&P500は前日に続いて50日移動平均線の手前で反発し、短期の上昇トレンドを維持した。週末の取引となる今晩は、翌週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた様子見が強まることが予想されるが、先月に波乱要因となった9月のミシガン大消費者信頼感指数速報値に要注目か。また、指数先物や個別株オプションなどの最終売買日が重なるクワドルプル・ウィッチングに伴う売買高の急増にも注意が必要か。
 今晩は主要な企業の決算発表はなし。(執筆:9月17日、14:00)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ