ドル円110.92円前後、エバンス米シカゴ連銀総裁のハト派発言

印刷
 ドル円は、111.06円まで上昇していたものの、エバンス米シカゴ連銀総裁のハト派発言「長期的なインフレ期待は依然として2%を下回っている」で110.92円前後まで反落した。

(山下)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ