ニューヨーク外国為替市場概況・27日 ドル円、4日続伸

印刷
 27日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続伸。終値は111.00円と前営業日NY終値(110.73円)と比べて27銭程度のドル高水準だった。22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリングの年内着手や2022年中の利上げ開始の可能性が示され、米長期金利の上昇に圧力がかかる中、この日もドル買いが継続した。21時前には一時111.06円と7月5日以来の高値を付けた。その後の下押しも110.78円付近にとどまった。
 米長期金利の指標である米10年債利回りは一時1.5131%前後と6月28日以来約3カ月ぶりの高水準を付けた。
 なお、ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁は「テーパリングは近く正当化されるだろう」と述べた一方、「利上げの基準はまだ満たしていない」と発言し、早期の利上げについては慎重な姿勢を示した。また、ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事は「テーパリングのアナウンスを利上げのシグナルと捉えるべきではない」などと述べた。

 ユーロドルは続落。終値は1.1695ドルと前営業日NY終値(1.1720ドル)と比べて0.0025ドル程度のユーロ安水準だった。ただ、NY市場に限れば1.1700ドルを挟んだ狭いレンジ取引に終始した。NY時間の安値は1.1689ドル、高値は1.1711ドルで値幅は0.0022ドル程度だった。
 なお、FOMCメンバー内でタカ派として知られるローゼングレン米ボストン連銀総裁は今月末に、カプラン米ダラス連銀総裁は10月8日に退任すると伝わった。両総裁については、FRBがコロナ禍対応で異例の金融緩和や資金供給策に踏み切った昨年にアクティブ運用の株式取引などをしていたことが報じられ、倫理的な懸念が浮上していた。

 ユーロ円は小幅ながら4日続伸。終値は129.83円と前営業日NY終値(129.77円)と比べて6銭程度のユーロ高水準。独連立協議の行方が混沌とする中、円買い・ユーロ売りが先行し一時129.48円と日通し安値を付けたものの、そのあとはドル円の上昇につれた買いが優勢となり129.94円と日通し高値を付けた。その後の下押しも129.66円付近にとどまった。
 26日投開票の独連邦議会選挙(総選挙)では、中道左派、独社会民主党(SPD、社民党)が、メルケル首相の所属する中道右派、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)に僅差で勝利した。ただ、いずれの政党も単独では過半数の議席を獲得できず、連立協議は難航が予想されている。

本日の参考レンジ
ドル円:110.54円 - 111.06円
ユーロドル:1.1685ドル - 1.1732ドル
ユーロ円:129.48円 - 129.94円

(中村)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ