NY株見通し-今週は発表が本格化する第3四半期決算に注目

印刷
 今週のNY市場は引き続き決算発表と経済指標に注目。先週は軟調にスタートしたものの、長期金利が低下したことや、市場予想を上回る決算発表が相次いだことでセンチメントが改善し、主要3指数がそろって続伸した。9月に4.3-5.3%下落した主要3指数は10月月初来で3.1-4.3%高となり、史上最高値まではダウ平均が0.9%に迫り、S&P500とナスダック総合もそれぞれ1.6%、3.3%に迫った。第3四半期決算発表序盤戦が好調な結果となったことで、決算発表が本格化する今週も決算銘柄の相場けん引役が期待される。今週はS&P500の約80銘柄が発表予定で、主要なものは18日のステート・ストリート、19日のトラベラーズ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブル、ネットフリックス、20日のベライゾン、IBM、テスラ、21日のユニオン・パシフィック、AT&T、ダウ・インク、インテル、22日のアメリカン・エキスプレス、ハネウェルなど。経済指標は9月鉱工業生産、9月住宅着工件数、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、新規失業保険申請件数、9月中古住宅販売件数などが発表される。

 今晩の米経済指標は9月鉱工業生産、10月NAHB住宅市場指数など。企業決算は寄り前にテラダイン、ステート・ストリート、引け後にジオンズ・バンコープなどが発表予定。(執筆:10月18日、14:00)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ