今日の株式見通し-もみ合いか ダウ平均は高値を更新するもナスダックは下落

印刷
 東京市場はもみ合いか。米国株はまちまち。ダウ平均とS&P500が上昇した一方、ナスダックが下落した。ダウ平均は152ドル高の35609ドルで取引を終えた。ベライゾンなど決算を発表した銘柄に買いが入り、概ね堅調といった地合いではあったが、長期金利の上昇を受けてハイテク株の動きが鈍く、ナスダックは中盤以降、軟調に推移した。ドル円は足元で114円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて20円高の29300円、ドル建てが45円高の29325円で取引を終えた。

 ダウ平均は取引時間では史上最高値を更新しており、この点は日本株の支援材料になる。ただ、長期金利が上昇してナスダックが下落している点は、特に値がさハイテク株には逆風となる。強弱材料が入り交じる中、指数は現状水準から大きな動きはないと予想する。国内は決算発表前で大型株は手掛けづらいタイミング。ダウ平均が3桁の上昇となっている分、底堅く推移するとみるが、全般的に様子見姿勢の強い地合いが続くだろう。日経平均の予想レンジは29150円-29400円

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ