海外マーケットトピック-NY州製造業業況指数、5月は-11.6に急低下・・・

印刷
<市場動向>
・米国株式市場-NYダウは小幅続伸 ナスダックは1.2%安
・米債券市場-10年物国債利回り、2.88%に低下
・NY原油先物-6月限の終値は前営業日比3.71ドル高の1バレル=114.20ドル
・NY金先物-6月限は前営業日比5.8ドル高の1トロイオンス=1814.0ドル
・CME225先物-大阪取引所比で上昇 26500円で引け
・VIX指数-27.47に低下 原油高を背景に石油株に買い

<海外経済指標>
・5月米ニューヨーク連銀製造業景気指数 -11.6、予想 +17.0

<海外の要人発言>※時間は日本時間
・16日16:17 ビルロワドガロー仏中銀総裁
「経済活動を考慮してさらなる行動を取る可能性がある」
「ECBは実効為替レートを注視している」
「弱過ぎるユーロはECBの物価安定目標に反する」
・16日22:13 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「経済を均衡させることが目標」
「政策金利をより正常なレベルに迅速に引き上げる」
「市場のボラティリティは政策見通しの消化を反映」
「債券市場で機能不全の兆候は見られない」
「実質金利をゼロに戻す必要がある」
「インフレが来年大幅に低下すると期待」
「今後のFOMC会合で0.50%の利上げは道理にかなう」
・16日23:26 ベイリー英中銀(BOE)総裁
「インフレ見通しに全く満足していない、これは悪い状況」
「インフレのオーバーシュートの80%以上は、エネルギーと貿易財によるもの」
「重要なのは、経済が停滞しているにもかかわらず、自然な勢いで国内のインフレが続くかどうか」
「経済活動の落ち込みの大きさは驚き」
「労働力人口の減少規模と持続性は非常に異例である」
「BOEの独立性がこれまで以上に重要になる時」
「BOEの独立性が維持され、理解されるよう常に配慮している」
・16日23:44 サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「高いインフレ期待のリスクに強く傾倒する必要」
「BOEは中立な政策スタンスに戻るべき」

<一般ニュース>
・NY州製造業業況指数、5月は-11.6に急低下 新規受注悪化-連銀=ロイター
・マスク氏、ツイッター買収価格引き下げ示唆 アグラワルCEOと口論=ロイター
・ユーロ圏経済はほぼゼロ成長、ロシアがガス停止なら-欧州委経済予測=BBG
・JPモルガン、中国テクノロジー株判断上げ-「投資不可能」から2カ月=BBG

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ