東京外国為替市場概況・8時 ドル円、小動き

印刷
 18日の東京外国為替市場でドル円は小動き。8時時点では129.41円とニューヨーク市場の終値(129.38円)と比べて3銭程度のドル高水準だった。本邦勢の本格参入を前に129.40円前後でのもみ合いとなっている。なお、エバンズ米シカゴ連銀総裁から「2.25%-2.5%の中立レートへ迅速に利上げするべき」「前倒しの利上げを支持」などの発言が伝わったが、特段反応はみられない。

 ユーロ円も小動き。8時時点では136.51円とニューヨーク市場の終値(136.53円)と比べて2銭程度のユーロ安水準だった。東京株式市場の取引開始を待っている。なお、昨日のCME日経平均先物は大証終値比195円高の26825円で引けている。

 ユーロドルは8時時点では1.0549ドルとニューヨーク市場の終値(1.0550ドル)と比べて0.0001ドル程度のユーロ安水準だった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:129.34円 - 129.44円
ユーロドル:1.0548ドル - 1.0553ドル
ユーロ円:136.44円 - 136.60円


(越後)

関連ニュース

最新ニュース

ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ