NY株見通し-上値の重い展開か 経済指標は4月住宅着工件数など

印刷
 今晩のNY市場は上値の重い展開か。昨日はダウ平均が431ドル高と3日続伸し、S&P500が2.0%高、ナスダック総合も2.8%高とともに大幅反発した。4月小売売上高が総じて強い結果となる中、バークシャー・ハサウェイの取得が明らかになったシティグループとパラマウント・グローバルが大幅高となったほか、アナリストの投資判断引き上げを好感したアドバンスト・マイクロ・デバイセズが上昇し、このほかの半導体株も軒並み高となった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が物価をコントロールできるまで利上げをためらわないと発言したものの、影響は限定的だった。今晩は上値の重い展開か。先週木曜日に目先の底を打ったとの見方があるものの、昨日の大幅高の反動が予想されるほか、米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの警戒感や、将来の景気後退懸念などが上値圧迫要因となりそうだ。

 今晩の米経済指標・イベントは4月住宅着工件数・建設許可件数、EIA週間原油在庫、米20年債入札など。このほか、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁の講演も予定されている。企業決算は寄り前にロウズ、アナログ・デバイセズ、ターゲット、TJX、引け後にシスコ・システムズなどが発表予定。(執筆:5月18日、14:00)

関連ニュース

最新ニュース

ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ