東京外国為替市場概況・8時 ドル円、もみ合い

印刷
 20日の東京外国為替市場でドル円はもみ合い。8時時点では127.74円とニューヨーク市場の終値(127.79円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。昨日の東京市場は本邦実需勢のフロー主導の展開だったことから、本日は5・10日(ゴトー日)ということも重なって本邦勢の動向には警戒が必要か。
 また、この後8時30分発表予定の4月全国消費者物価指数(CPI)については生鮮食料品・エネルギー除いた数値が予想+0.7%となっており、日銀が目標とする2%に近づくかどうかにも注目したい。

 ユーロ円は小幅安。8時時点では135.15円とニューヨーク市場の終値(135.30円)と比べて15銭程度のユーロ安水準だった。昨日のNY市場で反発した反動からやや売りが先行しているが、日本株やその他アジア株式相場の取引開始を前に動きは限定的。なお、昨日のCME日経平均先物は大証終値比横ばいの26370円で引けている。

 ユーロドルは8時時点では1.0580ドルとニューヨーク市場の終値(1.0588ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ安水準だった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:127.68円 - 127.84円
ユーロドル:1.0580ドル - 1.0588ドル
ユーロ円:135.14円 - 135.33円


(越後)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ