海外マーケットトピック-物価安定回復の失敗・・・

印刷
<市場動向>
・米国株式市場-NYダウは82ドル高で3日ぶり反発 ナスダックは小幅に3日続落
・米債券市場-10年物国債利回り、3.09%に低下
・NY原油先物-8月限の終値は前営業日比1.98ドル安の1バレル=109.78ドル
・NY金先物-8月限は前営業日比3.7ドル安の1トロイオンス=1817.5ドル
・CME225先物-大阪取引所比で上昇 26705円で引け
・VIX指数-28.16へ低下 米長期金利の低下を受け主力ハイテク株に買い

<海外経済指標>
・1-3月期米GDP(前期比年率)確定値 -1.6%、予想 -1.5%
・1-3月期米個人消費(確定値、前期比年率)+1.8%、予想 +3.1%
・6月独CPI速報値(前月比)+0.1%、予想 +0.3%

<海外の要人発言>※時間は日本時間
・29日15:33 習中国国家主席
「ゼロコロナ政策は中国にとって最も経済的かつ効果的」
「中国はゼロコロナ目標を実現する能力がある」
・29日16:41 メスター米クリーブランド連銀総裁
「高インフレは消費者信頼感を曇らせている」
「年内に多少の成長減速を予測」
「インフレ抑制には金利の上昇が非常に重要」
「米インフレ率はこれからさらに加速の可能性もある」
「金利はもっと通常の水準に向かっている」
「米金利は来年4%を上回ること望む」
「米経済のリセッション入りは予想していない」
・29日22:29 ベイリー英中銀(BOE)総裁
「インフレの持続性が高まれば、より力強く行動する必要がある」
「インフレを低下させることが課題」
「為替レートをターゲットとしない」
「ポンドの動きは驚きではない」に上昇すると予想するが、リセッションのようにはならないだろう」
・29日22:31 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「我々の目標は成長を緩やかにすること」
「強い労働市場でも2%のインフレ回帰の道筋はあるが、道筋は狭い」
「家計は全体的に強い状態にある」
「FRBがソフトランディングを達成できるという保証はない」
「ドルは強くなっている。ディスインフレ的な傾向」
「我々はドルの水準に責任を負わない」
・29日22:35 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「低インフレの環境に戻る可能性は低い」
「インフレ期待は以前よりはるかに高い」
「7月にどうなる可能性があるかすでに明確に示している」

<一般ニュース>
・物価安定回復の失敗、過度な経済減速よりリスク大-FRB議長=ロイター
・米GDP、第1四半期確定値は1.6%減 貿易赤字重しに=ロイター
・JPモルガンも追随、大手ハイテクの業績見通しを下方修正-決算控え=BBG
・ドイツのインフレ率、予想外に鈍化-政府の一時的な支援措置が効果=BBG

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ