海外マーケットトピックーECB、インフレ定着を懸念 追加利上げの必要性強調-議事要旨

印刷
<市場動向>
・欧州株式市場-ドイツDAXは3日続伸 長期金利の低下で不動産株に買い 
・NY為替-ドル円、138.50円台で動意薄 

<海外経済指標>
・11月独Ifo企業景況感指数 86.3、予想 85.0

<海外の要人発言>※時間は日本時間
・24日21:07 ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
「MPCは英国債売却への移行決定が少し遅かったのかもしれない」
「BOEは準備金への干渉を受け入れられない」
「政府が銀行に課税したいのであれば、BOEを通じてではなく、透明性をもって課税すべき」
・24日22:06 シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事
「データは利上げ減速余地が限定的であることを示唆」
「金利は恐らく景気抑制的な水準に達する必要」
・24日23:46 マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「英国のリスクプレミアムは依然として存在し、為替レートに反映されている」
「インフレは目標の2%を大幅に上回ると予想」

<一般ニュース>
・ECB、インフレ定着を懸念 追加利上げの必要性強調-議事要旨=ロイター
・米フォード、世界でSUV63.4万台をリコール 出火の恐れ=ロイター
・中国コロナ新規感染、最多更新-制限措置また経済の足かせに=BBG
・英中銀当局者、痛み伴っても追加利上げは必要-インフレ抑制のため=BBG

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ