予想とまとめ

週間為替展望(ドル/ユーロ)-ドル円、本邦CPIや円買い介入に注目
2024/04/13 03:55
◆ドル円、地区連銀経済報告や本邦円買い介入に注目
◆中東の地政学リスクや本邦3月コア消費者物価指数に注意
◆ユーロドル、ユーロ圏2月鉱工業生産や独4月ZEW景況指数を見極め

予想レンジ
ドル円   150.00-155.00円
ユーロドル 1.0400-1.0900ドル

4月15日週の展望
 ドル円は、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入の可能性や中東の地政学リスクの高まりに警戒しつつ、日本の3月消費者物価指数(CPI)を見極める展開となる。

 米国の3月雇用統計や3月CPIを受けて、米連邦公開市場委員会(FOMC)による利下げ開始時期が先送りされるとの思惑が高まるなか、直近では、ドット・プロット(金利予測分布図)が示唆する年内3回の利下げに対して、市場では9月FOMCからの年内1回の利下げがメインシナリオとなりつつある。地区連銀経済報告(ベージュブック)では、米国の雇用情勢、物価情勢、景況感を見極めることで、利下げの開始時期や年内の利下げの回数などを探ることになるだろう。

 また、日本の3月コアCPIの予想は前年比2.7%と、2月の2.8%からの伸び率鈍化が見込まれており、予想通りならば緩和的な金融政策の継続観測から円安要因となる。ただ、25-26日の日銀金融政策決定会合では、「好調な今年の賃上げなどを受け、2024年度の物価見通しの上方修正を議論する公算が大きい」と関係筋が言及しており、関連のヘッドラインには警戒しておきたい。植田日銀総裁は、「為替相場の動向が賃金・物価に無視できない影響を与えそうであれば金融政策として対応する理由になる」と述べており、原油価格上昇と円安による「第1の力」が再浮上した場合への対応策には注目だろう。

 更に、イランとイスラエルによる直接対決への懸念は中東の地政学リスクを高めており、リスク回避のドル売り・円買い要因となるものの、第5次中東戦争に拡大した場合は、原油価格の高騰が円安圧力を高めることにもなる。複雑な反応となりそうだ。なお、3月の日本の貿易収支速報では、実需の円売り圧力を確認することになる。

 ユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)理事会で政策金利が据え置かれたものの、声明では「インフレが2%に向かうと確信すれば利下げの可能性」に言及。ラガルドECB総裁も「インフレ率は上下に振れた後、目標に向けて低下へ」とハト派的な見解を述べたことから軟調な推移となりそうだ。2月ユーロ圏鉱工業生産や4月の独ZEW景況指数では、リセッション(景気後退)入りの警戒感が高まっているユーロ圏やドイツの景況感を見極めることになる。

4月8日週の回顧
 ドル円は、3月米CPIが前月比0.4%、前年比3.5%と予想を上回ったことで153.39円まで上昇し、1990年6月以来約34年ぶりの高値を更新した。米10年、30年債入札が不調に終わり、米10年債利回りが4.5886%まで上昇したこともドル買いに拍車をかけた。ユーロドルは、ECB理事会が利下げの可能性に言及したこともあり、1.0885ドルから1.0675ドルまで下落。ユーロ円は165.17円から163.62円まで下落した。(了)

国内イベントスケジュール

2024/04/08 06:15
8日
08:302月毎月勤労統計(現金給与総額)
08:502月国際収支速報
14:003月景気ウオッチャー調査
9日
14:003月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯)
10日
08:503月企業物価指数
11日
08:503月マネーストックM2
08:50対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
12日
13:302月鉱工業生産確報
13:302月設備稼働率
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

海外イベントスケジュール

2024/04/08 06:30
8日
14:453月スイス失業率(季節調整前)
15:002月独鉱工業生産
15:002月独貿易収支
16:002月トルコ鉱工業生産
18:00ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁、講演
9日
00:30ブリーデン英中銀(BOE)副総裁、講演
豪州、NZは7日から冬時間に移行済み
08:00カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、討議に参加
08:013月英小売連合(BRC)小売売上高調査
09:304月豪ウエストパック消費者信頼感指数
10:303月豪NAB企業景況感指数
15:452月仏貿易収支
15:452月仏経常収支
21:003月メキシコ消費者物価指数(CPI)
10日
02:00米財務省、3年債入札
11:00ニュージーランド準備銀行(RBNZ)、政策金利発表
15:003月ノルウェーCPI
20:00MBA住宅ローン申請指数
21:003月ブラジルIBGE消費者物価指数(IPCA)
21:302月カナダ住宅建設許可件数
21:303月米CPI
エネルギーと食品を除くコア指数
22:45カナダ銀行(BOC、中央銀行)、政策金利発表
23:002月米卸売売上高
23:30EIA週間在庫統計
11日
01:003月ロシアCPI
01:45グールズビー米シカゴ連銀総裁、パネルディスカッションに参加
02:00米財務省、10年債入札
03:003月米月次財政収支
03:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(3月19-20日分)
日米首脳、共同記者会見
シンガポール(ハリラヤプアサ)、韓国(総選挙)、トルコ(砂糖祭)、休場
08:013月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格
10:303月中国CPI
10:303月中国生産者物価指数(PPI)
21:002月ブラジル小売売上高
21:002月メキシコ鉱工業生産
21:15欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
21:303月米卸売物価指数(PPI)
食品とエネルギーを除くコア指数
21:30前週分の米新規失業保険申請件数/失業保険継続受給者数
21:45ラガルドECB総裁、定例記者会見
12日
01:00コリンズ米ボストン連銀総裁、講演
02:00米財務省、30年債入札
インド(イスラム教断食明け祭)、トルコ(砂糖祭)、休場
09:001-3月期シンガポール国内総生産(GDP)速報値
09:00シンガポール金融通貨庁(MAS)、金融政策発表
15:003月独CPI改定値
15:002月英GDP
15:002月英鉱工業生産/製造業生産高
15:002月英商品貿易収支/英貿易収支
15:003月スウェーデンCPI
15:453月仏CPI改定値
21:002月インド鉱工業生産
21:003月インドCPI
21:303月米輸入物価指数
23:004月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)
13日
04:30デイリー米サンフランシスコ連銀総裁、イベントに参加
トルコ(砂糖祭)、休場
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。