イチオシ

弊社アナリストが勝手な思い込みや妄想も含めて相場への想いをつぶやいています。
Mr.Xからは、思わぬ市場の裏話や噂話が!
2024/04/18
 上がってくると手を出したくなるユーロポンドを現状0.8563で軽めにロング。一目転換線0.8553付近でも買い増し。損切りは昨日安値の下0.8520割れに。英CPI上振れでもユーロ高ポンド安に振れた動きに付いて行きたい。90日線を超えて0.8606の200日線トライを期待。
2024/04/18 13:37
昨日から豪ドル米ドルの戻り売りを狙っていたが、予想以上に買い戻しの勢いがあるようで現時点では参入できず。いったんは買い戻しが長期化するか見極める必要がありそうだ。指し値を利用して戻り売りを入れるつもりはあまりないが、あえて考えるならば11日高値の0.6553米ドルを目処としたい。
2024/04/18 13:05
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/18 09:55 東京仲値
2024/04/18 09:00 東京株式開始
ユーロ円とポンド円のショートで、本邦通貨当局のドル売り・円買い介入を待つ状態が続いている。2022年10月はG20(12-13日)の後、21日(金曜日)と24日(月曜日)に覆面介入が行われた。今年も4月17-18日にG20が開催され、今週末の円買い介入に警戒しておきたい。
2024/04/18 07:20
ユーロ円は163.60円割れに不発のストップロス売りが残存する状態だが、さらに164.20円割れに大きめなストップロス売りが置かれた。164.90円からの売りオーダーが戻りを限定するなか、下値ストップをつけて下振れる展開を念頭に置いて臨みたい。
2024/04/18 07:12
2024/04/18 05:00 ニューヨーク株式終了
日米韓財務大臣会合に係る共同声明では「最近の急速な円安・ウォン安への日韓の深刻な懸念を認識し、外国為替市場の動向について引き続き緊密に協議する」との見解が示され、円買いで反応する場面があった。市場では「介入のお墨付きを得た」と声が聞かれた。ユーロ円は戻り売り戦略を継続。
2024/04/18 02:55
2024/04/18 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/18 00:00 ロンドンFix
2024/04/17
2024/04/17 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/17 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円、昨日は154.77円まで上昇後の下げは154.04円までと、75銭のトレイリングストップはぎりぎり不成立。その後154.79円まで上昇したため、現在のストップは154.04円。NZドル/ドルは予想通りのNZ・CPIを見たことで、損切り水準を0.5920ドルに変更。
2024/04/17 20:18
 AUDNZDのロングも投げたので、ユーロドルの小玉ショートのみ保持。ドル円は日米韓の財務相会合もあるので敬意を表して、ドルロングでの勝負は控える。ドル買いセンチメントは変わらないと思うので、各通貨どこかでドルを買おうと画策はしたまま。
2024/04/17 20:12
2024/04/17 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/17 15:00 東京株式終了
2024/04/17 15:00 東京OPカット
上値を切り下げる流れが続く豪ドル米ドルの戻り売りを狙う。イメージは0.64米ドル台半ばから参入だが、足もとの買い戻しが一服したポイントも候補。上値の切り下げが前提なので、週明け15日につけた前回高値の0.6493米ドルを超えた場合は方針を変更するつもり。
2024/04/17 13:31
ドル・メキシコペソは一目雲上まで一気に反発。さすがにこのスピード感だとショートを追加したい。17.0400ペソでショートし、平均価格(16.8275ペソ)にして下落を待つことにする。
2024/04/17 12:52
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 3度目か4度目の正直を狙い、リラ円を4.75でロング。久しぶりに一目雲を上回ったことが頼り。来週の中銀会合で追加利上げ観測が高まっていることも、売りづらくしている。あまり固執せず、3/29安値4.65割れでは諦める。ユーロCHFのロングは苦戦中。損切りはそのまま0.9670割れ
2024/04/17 11:22
2024/04/17 09:55 東京仲値
2024/04/17 09:00 東京株式開始
 本日はワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議と日米韓財務相会談が開催されることで、円買い介入の司令塔、神田財務官と鈴木財務相は不在。155円のノックアウト・オプションの攻防戦が予想される中、円買い介入の水準「神田ライン」を見極める展開。ポンド円とユーロ円のショートで様子見。
2024/04/17 08:25
ドル円は154.50円のオプション(OP)が目先の支え。下振れても154.00円OPが下支えになって昨日安値154.04円割れ付近からの下落加速を防ぐとみる。上値154.80円超えに観測されるストップロスの買いを巻き込んで155.00円の節目を試す展開が期待できる
2024/04/17 06:46
2024/04/17 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロ円は164.68円まで上げたものの、ドル円が下落したタイミングで163.94円付近まで下押しした。ドル円は防衛ラインと見られる155円目前であり、介入が実施されればユーロ円もつれ安すると予想。引き続き3月に付けた08年以来の高値165.35円をバックに戻りを売ってみたい。
2024/04/17 01:34
2024/04/17 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/17 00:00 ロンドンFix
2024/04/16
2024/04/16 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/16 22:30 ニューヨーク株式開始
ユーロドルの小玉ショートと、1.0690ドルにナンピンの売りは変わらず。欧州通貨はアジア時間で安値を更新すると欧州では買い戻しが入ることがあることで、昨日のロンドン引け近辺の1.0640ドル台まで戻す可能性はあるかもしれない。
2024/04/16 21:06
ドル円買い(平均152.90円)とNZドル/ドル売り(0.5990ドル)、ランド円7.78円買いはキープ。ドル円は介入を警戒するなら、トレイリングストップを75銭にセットというのも面白いかも。155円を前で上値重くなるようなら、コストの悪い153円買いを決済するのも一案。
2024/04/16 21:05
豪ドル円は上値の重い動きも、日足一目均衡表・基準線98.91円近辺で下げ渋り下値も堅い。99.30円で買いを入れて、100円台復帰を狙う。日本当局の円買い介入が入った時の荒っぽい動きを想定し、ストップは離れた水準となる95円割れに置く。
2024/04/16 20:54
2024/04/16 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/16 15:00 東京株式終了
2024/04/16 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
クロス円の動きが安定せず、NZドル円は昨日中に買値と同じ91.10円でクローズ。豪ドル円も99.50円付近で多少 利食い売りを入れたものの、残りは本日の午前中に買値と同じ99.10円で決済。両通貨とも昨日の上昇局面では前回高値を超えられずに失速したため、ここからは買えない。
2024/04/16 13:55
米利下げ観測後退によるドル高が激しく、ドル・メキシコはテクニカルやチャートの形云々を無視して反発し続けている。含み損を抱えているのはストレスだが、スワップは毎日入る為、他通貨(特に円)でドルショートを持ち続けるよりは精神的にきつくない。このまま、ドルが反落するのを待ちたい。
2024/04/16 13:28
 ドル円は当局からの口先介入を全く無視し、154円台でしっかり。ノックアウトオプションが溜まっているとされる155円を試す展開が想定される。ただ、一気にオプショントリガーというのも難しいようにも思え、154.80-90円辺りでショートに。ひとまず156円超えに損切りを置いておく。
2024/04/16 10:30
2024/04/16 09:55 東京仲値
2024/04/16 09:00 東京株式開始
155円を防衛ラインとする円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っており、ポンドのショート1.3350ドル、1.2700ドルとユーロのショート1.1090ドルでクロス円にして介入待ち。中東地政学リスクから原油高、円安局面では介入の可能性大か。
2024/04/16 07:47
ユーロ円はNYタイムの下振れ水準163.66円をやや下回る163.60円割れにストップロスの売りが見えている。同ストップを巻き込んでの下押し加速に留意したい。
2024/04/16 06:35
2024/04/16 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロ円は164.44円まで上げたものの、前週末の高値164.47円が目先レジスタンスとして意識されると失速。ユーロドルの下落につれた売りも出ると163.66円付近まで下押しした。引き続き3月20日に付けた2008年以来の高値165.35円をバックに戻りを売ってみたい。
2024/04/16 03:56
2024/04/16 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/16 00:00 ロンドンFix
2024/04/15
2024/04/15 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/15 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円、前週末に153.00円と152.80円の買いが成立。152.50円買いはキャンセルして、損切り水準を151.90円→153.30円に変更。NZドル/ドルの0.5990ドル売りは損切り水準を0.5960ドルに変更、ランド円7.78買いはキープ。豪ドル円買いは一旦様子見。
2024/04/15 21:56
ドル円は日本当局の円買い介入を警戒しつつも上昇基調を維持している。上昇トレンドは変わらず、介入ラインを見極めることになるが、155円近辺を一つのポイントと想定。介入が入った時の対応として、151.50・150.50円に押し目買いの指値を入れて置く。
2024/04/15 21:50
 ユーロドルを小玉ショート、1.0690ドルにナンピンの売りを置き、1.0760ドルでロスカット。ECBから相次いで6月利下げという声が多いが、マーケットの反応が鈍いのが不安材料。
2024/04/15 20:39
2024/04/15 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/15 15:00 東京OPカット
2024/04/15 15:00 東京株式終了
週明けの為替相場で地政学リスクに対する反応が限定的だったことを確認できたため、当初の予定通りオセアニアのクロス円で買いを入れた。豪ドル円を99.10円、NZドル円を91.10円でロングに。ただ、為替介入への警戒感もあってポジションは小さめ。ストップロスは持ち値付近に置く。
2024/04/15 13:05
 ユーロスイスフランを0.9710台で買ってみる。損切りは先週末安値の下0.9670を割り込んだところ。先週は中東の地政学リスクの高まりから0.96後半までフラン高が進行したが、週明けは警戒感後退とともにフラン売りが先行。短期では上向き調整、0.98辺りまではあっても良いか。
2024/04/15 12:24
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/15 09:55 東京仲値
ドル・メキシコは結局含み益はなくなり、建て値まできたので予定通り16.6150ペソで追加売り。米利下げ観測後退によるドル高や中東リスクが落ち着けば再びペソ高になりそうだが、それまではおとなしくショートホールドで待機したい。
2024/04/15 09:29
2024/04/15 09:00 東京株式開始
  円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っており、ポンドのショート1.3350ドル、1.2700ドルとユーロのショート1.1090ドルでクロス円にして円買い介入を待つ状態。中東の地政学リスクから原油価格高騰、円安局面では円買い介入の可能性大か。
2024/04/15 06:51
2024/04/13
2024/04/13 05:00 ニューヨーク株式終了
「イランによるイスラエル攻撃が近い」との報道をきっかけに中東情勢が緊迫化。米国株相場が大幅に下落し、為替市場ではリスク・オフの円買いが優勢となった。ユーロ円は一時162.28円まで下落し、その後の戻りも163.12円付近にとどまった。引き続き戻りを売りたいところだ。
2024/04/13 01:49
2024/04/13 00:30 ロンドン株式終了
 対円は介入警戒感があるのでドルが一方的に上がるのは難しいが、円安でなくドル高相場なので、介入がすぐに入るのを期待するのは難しそう。ただし、なんちゃって介入の可能性は高まっているので、ストーンと落ちるリスクに警戒。ユーロドルは昨日高値1.0757ドルを超えまではショートキープか。
2024/04/13 00:02
2024/04/13 00:00 ロンドンFix
2024/04/12
2024/04/12 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/12 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル・メキシコのショート(16.6150ペソ)の含み益がどんどん減っているが、長期目線の為それほど気にしていない。仮に建て値付近までの反発があれば、追加ショートをするつもり。ドル円は決済した152.20円まで下がるまではロングは見送り。
2024/04/12 21:00
2024/04/12 16:00 ロンドン株式開始
 ドル円は、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っており、ポンドドルのショート1.3350ドル、1.2700ドルとユーロドルのショート1.1090ドルでクロス円にして、円買い介入を待つ状態。
2024/04/12 15:35
2024/04/12 15:00 東京株式終了
2024/04/12 15:00 東京OPカット
ドル円、三角保合を上抜けた翌日の下押しは152円台後半までだったことや、その後の金融当局者の発言から切迫した感じが伝わらないことから、155円方向への上げを期待して153.00円や152.80円、152.50で買い下がり。損切りは従来の抵抗だった152円の少し下151.90円。
2024/04/12 14:02
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
NZドル米ドルは下攻めの勢いが鈍かったこともあり、昨日に0.5985米ドル付近でポジションをクローズした。豪ドル・NZドルとも短期的な買い戻し基調にあり、どこかで下値を拾ってみてもよさそう。トレンドがはっきりしている対円で入りたいが、介入リスクも考慮してポジションは小さめで。
2024/04/12 12:58
2024/04/12 09:55 東京仲値
2024/04/12 09:00 東京株式開始
2024/04/12 05:00 ニューヨーク株式終了
ECB理事会では今後の利下げ転換が示唆され、ラガルド総裁の会見ではハト派的な発言が相次いだ。ユーロ円は徐々に上値が切り下がっており、引き続き戻りを売りたいところ。また、仮にドル円で介入があれば、ユーロ円にも重しとなる。ストップは3月に付けた2008年以来の高値165.35円。
2024/04/12 01:21
 ECBは利下げの可能性が高まっている中で、FRBは利下げが出来ないのでドルが中長期的に一強になる。ドル円もブル目線だが、超短期では日本時間6時前後に一度売ってみて、東京勢が帰るころの18時に諦めるというトレードスタイルもありかも。
2024/04/12 00:59
2024/04/12 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/12 00:00 ロンドンFix
2024/04/11
2024/04/11 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/11 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円のロング(151.35円)は計画通り152.20円で無事決済された。もう少し上に設定してもよかったか。仮に152.20円まで下がったら改めて買い直す。ドル・メキシコのショート(16.6150ペソ)は若干含み益が減ったが特に気にせず、持ち続けるつもり。
2024/04/11 21:41
 ドル円の残ったロングは売りスクエアに。南ア政局不安に乗っかり、ランド円を8.15円付近で軽めにショート。ただあまり拘らず、9日高値の上8.25円超えたら買い戻す。昨日売り上がったユーロNZドルは1.79NZドル台で意外と底堅いが、1.81NZドル乗せまでは保持してみたい。
2024/04/11 16:33
2024/04/11 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/11 15:00 東京株式終了
2024/04/11 15:00 東京OPカット
豪ドル円は99円台で戻りを試しているが、100.00円から並ぶ売りが大台回復の妨げとなる。下値は99.30円から買いが見えているものの、99.30円割れ、99.10円割れなどにストップロスの売りも混在。下方向のリスクをケアして臨みたい。
2024/04/11 14:57
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
NZドル米ドルは昨日に急落した後、本日はやや下値を切り上げているが、ここからさらに戻していくか見極めたいところ。昨日の追加ショートで売りポジション全体のコストが0.6025米ドル付近まで改善したので、同水準にストップロス注文を置いたうえで様子をみたい。
2024/04/11 14:11
NZドル/ドルは、昨日の米CPI後に下げたのを見て、損切りラインを0.6090ドルから0.6018ドル(10日陰線実体部の1/2戻し)に変更。利確については、1日安値0.5940ドル付近で下げ渋るようなら微益撤退も選択肢に入れたい。
2024/04/11 14:07
 ドル円は円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っている。介入が見送られて続伸した場合は、ポンドショート1.3350ドル、1.2700ドルとユーロショート1.1090ドルでクロス円にする。22年9月の介入は岸田首相訪米中、10月は23時半だった。
2024/04/11 14:00
2024/04/11 09:55 東京仲値
2024/04/11 09:00 東京株式開始
2024/04/11 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロ円は米CPI発表後に164.03円まで下落した。ドル円が上昇した一方でユーロドルが下落した影響を受けた。引き続き3月20日に付けた2008年以来の高値165.35円がレジスタンスとして働いており、戻りを売っていきたいところ。仮にドル円で介入があれば、ユーロ円にも重しとなる。
2024/04/11 01:28
 ドル円はここまで上昇してきたことで、介入時に意識されている?とされている、ボリンジャーバンドの+2σが見えてきて、ますます買えない。万が一に備えてユーロドルを1.0840ドルに売りを置いてはいる。AUDNZDのロングは維持したまま。
2024/04/11 00:33
2024/04/11 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/11 00:00 ロンドンFix
2024/04/10
2024/04/10 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/10 22:30 ニューヨーク株式開始
 ユーロポンドは0.85後半で頭を抑えられており、ロングは一旦0.8560前後で売り戻し。0.85前半でまた拾っても良いか。本日RBNZ後から底堅いNZドルを尊重。ユーロNZドルを現行の1.7880で売り、上げたら1.7930NZ辺りでも。1.80NZ台まで行くようだと考え直す。
2024/04/10 17:23
ドル円のロング(151.35円)とドル・メキシコのショート(16.6150ペソ)はそのままホールドして米CPIを迎えようと思う。大事な指標であることは間違いなく動くとは思うが、注目の6月FOMCまではまだCPIは何回かあるため、相場を方向付けるには材料不足とみる。
2024/04/10 17:06
2024/04/10 16:00 ロンドン株式開始
ユーロドルは1.0850ドルと1.0860ドルほか、多数の上下オプション(OP)に挟まれたレンジ相場。今夜の米消費者物価指数(CPI)の強弱を受けたレンジシフトは考えられるものの、いったん動きを落ち着かせた水準でも前後のOPに挟まれて動意を鈍らせていくと考えられる。
2024/04/10 15:12
2024/04/10 15:00 東京OPカット
2024/04/10 15:00 東京株式終了
NZドル/ドル、昨日から本日にかけての上伸は0.6077ドルまでと、カットラインの基準線0.6079ドル寸前で止まっている。今晩の米3月CPIまで見たいということで、カットラインは0.6090ドルに変更。これでつくようならあきらめる。
2024/04/10 13:47
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
NZドル米ドルはRBNZの金融政策公表後に0.6075米ドル付近で追加のショートを入れた。この後は米消費者物価指数(CPI)を受けたドル相場全般の反応を待つことになりそう。ストップロス注文を0.6125米ドル付近に置いたうえで、米イベントを待ちたい。
2024/04/10 12:36
2024/04/10 09:55 東京仲値
2024/04/10 09:00 東京株式開始
2024/04/10 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロ円は一時165.17円と日通し高値を付けたものの、3月20日に付けた2008年以来の高値165.35円がレジスタンスとして働くと一転下落した。欧州株の下落や米国株の失速を背景にリスク回避の円買いも入り、一時164.55円と日通し安値を付けた。引き続き戻りを売っていきたい。
2024/04/10 02:28
2024/04/10 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/10 00:00 ロンドンFix
2024/04/09
 明日の米CPIが出てからドル絡みの取引は開始する。ただし、ドル円は万が一下がったら買えるようにオーダーは置いておく。149円台に置いているが、上げるかどうかは悩み中。AUDNZDのロングも変わらずキープ
2024/04/09 23:56
2024/04/09 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/09 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円を151.90付近で底堅く、1990年以来の152台乗せまであと僅か。明日の3月米CPIの前に、152のノックアウトオプションはトリガーしそうだ。152.30が1990年7月6日高値と目先の上値めどでもあり、その辺りではロング減らす。損切りは151.50割れに。
2024/04/09 16:18
ドル円は相変わらず152円の攻防が続いている。152.20円指値で待機中。期待できるのはドル・メキシコペソの16.6150ペソショート。すでに3000pips以上の含み益だが、引き続き一段安を期待している。
2024/04/09 16:18
2024/04/09 16:00 ロンドン株式開始
豪ドル円は100.50円に置かれた本日NYカットのオプション(OP)が重し。豪ドル・コール(買い権利)OPで、詳細な売買の内容次第だが、上昇を抑制したり、上値から同水準以下へ相場を押し下げたりする効果が想定できるポジション。上伸を妨げそうだ。
2024/04/09 15:38
2024/04/09 15:00 東京OPカット
2024/04/09 15:00 東京株式終了
 ドル円は円買い介入期待で150.00円、150.50円、151.00円と売り上っている。本日も152円KOの攻防戦と円買い介入の可能性に要警戒。さらに、ユーロドル(ショート1.1090ドル)を1.0900ドル、ポンドドル(ショート1.3350ドル)を1.2700ドルで売り増す。
2024/04/09 14:17
明日にNZ準備銀行(RBNZ)の金融政策公表が控えているため、ここからはあまりポジションをいじる気はないが、0.60米ドル台後半まで上昇した際には追加のショートもありか。戻り売り方針を継続し、ストップは0.61米ドル台前半に置いておく予定。
2024/04/09 13:52
豪ドル円、2014年12月以来の高値を付けるなど上昇基調のため、押し目を拾いたい。21日線98.85円や90日線97.48円で買い、200日線96.27円で損切り。利確候補は2014年11月高値102.85円。仮に上昇したとしても105円や108円は強い抵抗が予想される。
2024/04/09 13:22
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/09 09:55 東京仲値
2024/04/09 09:00 東京株式開始
2024/04/09 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロ円は堅調に推移。ユーロドルの上昇につれた買いが入ったほか、欧米株価の上昇に伴う買いが入ると一時164.85円と日通し高値を付けた。ただ、株価が不安定な中、一本調子で上昇するとは思えないため、3月20日に付けた2008年以来の高値165.35円をバックに戻りを売ってみたい。
2024/04/09 01:17
2024/04/09 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/09 00:00 ロンドンFix
2024/04/08
 ポジションは変わらず。ドル円は下で買いたいが、追いかけて買う気力はなし。他は先週記載したように豪ドル/NZドルのロングを継続。今週はRBNZのMPCがある。
2024/04/08 23:22
2024/04/08 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/08 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円は、151.85円に置かれた本日NYカットのオプション(OP)前後で底堅さを示す可能性に期待したい。同OPはドル・プット(売り権利)OPで、詳細な売買の内容にもよるが、下値からの相場引き上げや、上抜けて以降の下げ渋りを誘う効果が期待できるポジションとみられる。
2024/04/08 17:01
ドル円の追加ロング指値(150.35円)は全くつかず、151.35円ロングは計画通り152.20円の決済待ち。ドル・メキシコペソの16.6150ペソショートは順調に1500pips程度の含み益。スワップポイントもつくのでまだまだショートで粘るつもり。
2024/04/08 16:53
2024/04/08 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/08 15:00 東京OPカット
2024/04/08 15:00 東京株式終了
 週明け時点では特に大きな動きも出ていないため、NZドル米ドルの戻り売り方針を維持したい。現在は(0.5960米ドル、0.6010米ドル)でショートにしている。今後に買い戻しが進むようであれば、日足・一目均衡表の基準線(0.6079米ドル)を目処に追加で戻り売りを狙う。
2024/04/08 14:35
 ドル/スイスフラン、上昇トレンドの中だが0.91フランを前に上値が重く、日足一目均衡表の転換線も重くなりつつある。基準線0.8913フランに下押したら買いたい。損切りは3月1日高値0.8893フランと雲上限0.8770フラン、利確候補は3日高値0.9096フランか。
2024/04/08 14:07
 ドル円は円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上り。本日も、152円のKOへの買い仕掛けと防戦売り、円買い介入の可能性に要警戒。介入が見送られて続伸した場合、ポンドショート1.3350ドルとユーロショート1.1090ドルでクロス円にする。
2024/04/08 13:56
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/08 09:55 東京仲値
2024/04/08 09:00 東京株式開始
2024/04/06
2024/04/06 05:00 ニューヨーク株式終了
前日に急落したダウ平均が440ドル超上昇したうえ、日経平均先物が420円高まで反発すると、投資家のリスク志向が改善。ユーロ円には買い戻しが入り一時164.44円と日通し高値を更新した。3月20日に付けた2008年以来の高値165.35円をバックに戻りを売ってみたい。
2024/04/06 02:22
 ドル円を151.50付近でロングにし、ストップロスは5日安値の下150.80に置く。強い米雇用統計でも151.70台までだったが、「米利下げ開始の後ずれ」が現実味を帯びるなかで下値も堅い。来週にも152台に乗せることを期待。ただ介入もどきには気を付け、152台ではロングを減らす
2024/04/06 01:34
2024/04/06 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/06 00:00 ロンドンFix
2024/04/05
2024/04/05 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/05 22:30 ニューヨーク株式開始
豪ドル/ドルは厚いオーダーを含む0.65ドル台に並ぶ買いが下支えになりそう。戻り局面0.6600ドルの節目にあるオプション(OP)が反発を抑えそうだが上抜くことができれば、大きめなものを含む0.6610ドル超えからのストップロスの買いを巻き込み上値を試す展開が期待できる。
2024/04/05 22:21
 NZドル米ドルは戻り売り方針を継続。現在は(0.5960米ドル、0.6010米ドル)でショートにしている。この後の米雇用統計を受けて買い戻しが進んだ場合、日足・一目均衡表の基準線(0.6078米ドル)を目処に追加で戻り売りを狙う。
2024/04/05 20:32
2024/04/05 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/05 15:00 東京株式終了
2024/04/05 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/05 09:55 東京仲値
2024/04/05 09:00 東京株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルでショートだが、1.0900ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルでショートだが、1.2700ドルで売り増す。英国とユーロ圏のリセッション(景気後退)や、イングランド銀行と欧州中央銀行の早期利下げ開始を見込む。
2024/04/05 07:51
ユーロ円は164.92円まで上昇したものの、終盤163.80円まで失速。米利下げ観測後退や中東情勢緊迫化で株安とリスク回避の円買いが強まった。日経先物は4万0010円まで上昇したものの終盤失速し、3万9080円まで急落した。しばらくこの流れが続くとみてユーロ円の戻り売りが有効か。
2024/04/05 06:21
2024/04/05 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/04/05 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/05 00:00 ロンドンFix
2024/04/04
豪ドル/ドルは0.6618まで上昇。0.66前半の3/21上ヒゲは尊重し、昨日作った軽めロングはスクエアに。一旦緩んだユーロポンドは0.8580付近まで持ち直してきた。英欧の政策スピードの差を見越したロングは継続。ただあまり引きずらずに、21日線の下0.8550割れで損切り。
2024/04/04 23:00
2024/04/04 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/04 22:30 ニューヨーク株式開始
ユーロ円は164円後半で足踏み状態。165.00円の売りが目先の重しとなっているもよう。伸び悩んで、しっかりした買いオーダーが乏しい164円台で下値を探る動きとなり、163.50円割れに見える大きめなストップロスの売りを意識した展開につながるリスクがある。
2024/04/04 22:00
 NZドル米ドルは買い戻しが進んでいるが、今のところは戻り売り方針を継続。0.6010米ドル付近でショートを追加した。今後も日足・一目均衡表の基準線(0.6078米ドル)を目処に戻り売り姿勢を維持するつもり。ストップは3月21日高値の0.6107米ドルより少し上に置いておく。
2024/04/04 19:37
2024/04/04 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/04 15:00 東京OPカット
2024/04/04 15:00 東京株式終了
先日一部損切りしたカナダドル円、残りの111.85円の買いは111.45円を損切りラインにして様子見。ポンドドル1.2630ドルの売りは90日線の1.2675ドル、NZドル/ドル0.5990ドルの売りは日足一目均衡表の基準線0.6079ドルに、それぞれ損切りライン変更。
2024/04/04 13:25
 ドル円は下落した時に備えて150円前半にBIDはおいているが、く動く気配が感じられない。介入は152円超えたからとすぐ入るとは思っていないが、なんちゃって介入で下押すリスクがあると思う。残りはAUDNZDのロングのみ。これは来週のRBNZで動意づくことを期待。
2024/04/04 13:03
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ドル円は相変わらずバリアオプション152円の防戦売りが機能しているが、おそらくは時間の問題。ロング(151.35円)は152.20円指値決済待ち。ドル・メキシコペソは節目の16.50ペソをいずれブレイクするとみて16.6150ペソのショートはそのままホールド。
2024/04/04 11:39
2024/04/04 09:55 東京仲値
2024/04/04 09:00 東京株式開始
ユーロドルは1.1090ドルでショートだが、1.0900ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルでショートだが、1.2700ドルで売り増す。ドル円のショートは152円を超えて続伸した場合は、1.1090ドルと1.3350ドルのショートでクロス円にする。
2024/04/04 08:10
2024/04/04 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル円は151.95円まで上げたものの、予想を下回る米ISM非製造業指数を受けて伸び悩んだ。政府・日銀による為替介入への警戒感が根強い中、3月27日に付けた34年ぶりの高値151.97円やノックアウトオプションが観測されている152.00円もレジスタンスとして意識された。
2024/04/04 00:36
2024/04/04 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/04 00:00 ロンドンFix
2024/04/03
2024/04/03 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/03 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円は151.75円に置かれた明日NYカットのオプション(OP)が相場引き上げ効果を示した可能性がある。上昇後は下押しを抑制することになるか。ただ、バリアタイプも含む152.00円の複数OPが重しとなり上昇力を鈍らせそうだ。
2024/04/03 22:07
NZドル米ドルは足もとでやや下値を切り上げているが、戻り売りの方針に変更はなし。現在は0.5960米ドル付近で軽くショートにしている。今後は日足・一目均衡表の転換線(0.5996米ドル)や基準線(0.6078米ドル)などを目処に戻り売りを狙う。
2024/04/03 21:12
2024/04/03 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/03 15:00 東京株式終了
2024/04/03 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ドル円はにっちもさっちもいかないので放置。来週のRBNZを控えてAUDNZDを1.0915NZドルでロングにして、1.0850NZドルにストップを置いておく。
2024/04/03 11:13
2024/04/03 09:55 東京仲値
2024/04/03 09:00 東京株式開始
 ドル円は介入期待で150円、150.50円、151円でショート。152円KOの攻防戦と介入に要警戒。 152円台で介入が断行されれば145円方向への円高で利食える。介入が見送られて続伸した場合、ポンドのショート1.3350ドルとユーロのショート1.1090ドルでクロス円にする。
2024/04/03 07:18
2024/04/03 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロドルは一時1.0779ドルまで上昇した。独長期金利の上昇などを手掛かりに、イースター休暇明けの欧州勢がユーロ買いで参入。戻りを試す展開となった。ただ、前日の高値1.0799ドルは上抜け出来ず。米利下げ開始時期が後ずれするとの観測が高まる中で、戻りを丁寧に売っていきたい。
2024/04/03 01:50
2024/04/03 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/03 00:00 ロンドンFix
2024/04/02
2024/04/02 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/02 22:30 ニューヨーク株式開始
NZドル米ドルを0.5960米ドル付近で軽くショートにした。ここからは日足・一目均衡表の転換線や基準線などを目処に戻り売りを仕掛けていくつもり。なお、現時点での転換線0.6023米ドル、基準線は0.6078米ドルに位置している。
2024/04/02 20:55
ドル円は151円後半でショート。1990年以来の152円台復帰を果たしたとしても、日本当局の介入警戒感で積極的に上値を追う展開にはなりにくい。153.50円超えにストップを置き、介入狙いで152円台でも売りで攻める。介入入った時の動きを想定し、利食い指値は149.00円に置く。
2024/04/02 19:56
2024/04/02 16:00 ロンドン株式開始
2024/04/02 15:00 東京株式終了
2024/04/02 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 昨日111.85円で買ったカナダドル円は、損切り目処の111.61円を切ってきたので、半分だけ111.60円で損切り。残りのカットラインは111.45円に変更して様子見。もし3月21日高値112.29円を超えても、ドル円が怪しい動きをする場合は一旦手仕舞うことも検討。
2024/04/02 12:52
ドル円のロング(151.35円)は152円台に乗せてストップを付けて跳ねたところで売りたいので152.20円に指値をおいておく。そして、昨日言及したドル・メキシコペソは昨日反発したので16.6150ペソでショートしたので、気長に下落を待ちたい。
2024/04/02 11:38
2024/04/02 09:55 東京仲値
ドル円は151円を割り込めず、152円を超えることも出来ないので達磨状態になるしかない。ドル円は下がったら買い(150円前半)のスタンスだが、上抜けても追いかけて買うことはしない。すぐに介入が入るとは思ってはいないが、なんちゃって介入で振り落とされるのは避けたい。
2024/04/02 09:52
2024/04/02 09:00 東京株式開始
2024/04/02 05:00 ニューヨーク株式終了
3月米ISM製造業景況指数が予想を上回ったことが伝わると米長期金利の上昇とともにドル買いが先行。ドル円は151.77円まで値を上げた。3月27日に付けた34年ぶりの高値151.97円やノックアウトオプションが観測されている152.00円を上抜けることが出来るかどうかがポイント。
2024/04/02 00:54
 ユーロポンドを21日移動平均線0.8551ポンド超えでロングにし、損切りは0.85ポンド割れに置く。先週末、欧州勢がほぼ不在のなかで下値を試すも3/21安値に並ぶ0.8530ポンドまでだった。ECBよりも英中銀への利下げ圧力が強まっていると思われ、ユーロポンドの上値トライを期待
2024/04/02 00:51
2024/04/01
2024/04/01 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/01 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円は米ISM製造業景気指数など経済指標の強弱次第だが、複数のオプション(OP)設定が観測される151.50円が目先の重し。上昇が抑えられ、151.10円割れに置かれた大きめなストップロス売りをつけるリスクに注意したい。
2024/04/01 21:58
ドル円は3月日銀会合を通過後に円買い材料が乏しい。トレンドは上方向ではあるが、介入警戒感が大きな壁となる。1990年以来の152円台を回復したとしてもすんなりと上昇基調を強める地合いにはなりにくい。大きな利食いは見込めずも、短期売買として151円後半でショート。
2024/04/01 17:47
2024/04/01 15:00 東京株式終了
2024/04/01 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ドル円のロング(151.35円)ポジションはそのまま継続し、仮に大きな下げがあった場合には追加ロングする準備をしている。後はドルペソについては16.60ペソ台への反発があれば売りで参入したい。
2024/04/01 10:14
2024/04/01 09:55 東京仲値
2024/04/01 09:00 東京株式開始
 敢えてドル円をこの水準でロングにするよりも、出来ることなら下落局面で買いたい。151円を割り込んだらある程度のストップロスが誘発し、150円台前半まで下がることを期待しているので、150円前半にBIDを置いておく。
2024/04/01 07:54
 ドル円は本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っている。円買い介入が見送られて155円方向へ続伸した場合は、ポンドドルのショート1.3350ドルとユーロドルのショート1.1090ドルでクロス円にして塩漬けにする意向。
2024/04/01 06:39
2024/03/30
NY市場では各通貨ペア小動きの展開。2月米PCEデフレーターは予想通りの結果となったが、2月米CPIなどが予想より強い内容だったことから、上振れを警戒する向きは多く、結果公表後はややドル売りが出た。ただ、本日はグッドフライデーで海外市場はほぼ休場。来週以降の動きを待ちたい。
2024/03/30 01:18
2024/03/29
ドル円は本日NYカットのオプション(OP)151.25円前後へ吸い寄せられるような動きとなっている。OP期限切れ後に下押す動きとなっても買いや大きめなOPが観測される151円の節目付近で動きが抑制されそう。グッドフライデーで参加者が乏しく動意は限定的とみる。
2024/03/29 21:55
グッドフライデーで流動性が低下するなか、米PCEデフレーターにパウエルFRB議長発言と荒れる要素が多いこともあり、本日は余計な手を出さずに様子見。週明け後に改めて参入したい。
2024/03/29 21:07
2024/03/29 15:00 東京OPカット
2024/03/29 15:00 東京株式終了
 ドル円は円買い介入期待で、150.00円、150.50円、151.00円と売り上っている。本日のNY市場は閑散取引となるため、意表をついた円買い介入に要警戒。155円方向へ続伸した場合は、ポンドドルのショート1.3350ドルとユーロドルのショート1.1090ドルでクロス円へ。
2024/03/29 14:17
スイスフラン円は昨日NYや本日朝に168を回復も、一巡後は167後半で伸び悩み。予定通り売り目線だが、21-27日下落幅の半値戻し168.70でも売れて、61.8%戻し169.20でも耐えられるサイズにしておきたい。170に乗せることがあれば、再考する。いずれにせよ無理はせず。
2024/03/29 14:11
NZドル円は三役逆転が点灯しているものの、直近半年ほどを見ると、雲を下抜けても比較的短期間で戻している。週足の一目均衡表では基準線が支持になっていることもあり、安易な売りは避けたい。もしNZドル円が雲の中に戻る場合、売っているNZドル/ドルは早めの手仕舞いも検討したい。
2024/03/29 13:56
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
東京仲値でとりあえずドル円を売ってはみたが、一部が余剰で強引に下押ししたことで水準が悪い。高値抜けたらあっさり諦める。
2024/03/29 10:22
2024/03/29 09:55 東京仲値
2024/03/29 09:00 東京株式開始
2024/03/29 05:00 ニューヨーク株式終了
ユーロドルはウォラーFRB理事の発言を受けて、欧州時間に一時1.0775ドルと2月20日以来の安値を付けた。NY市場では下げ渋る展開となったものの、ECBの利下げ開始時期が近づいているとの見方が一段と強まる中、戻りは鈍そうだ。戻りを丁寧に売っていきたい。
2024/03/29 02:28
2024/03/29 01:30 ロンドン株式終了
2024/03/29 01:00 ロンドンFix
2024/03/28
2024/03/28 23:00 ニューヨークOPカット
2024/03/28 22:30 ニューヨーク株式開始
ユーロドルは本日NYカットのオプション(OP)1.0815ドル前後へ持ち直した。同OPはユーロ・プット(売り権利)OPで相場の引き上げ作用が想定できるポジション。ほどなく期限切れとなるが、代わって1.0800ドルの大きなOPが支えになるかどうか注視したい。
2024/03/28 22:24
豪ドル米ドルは19日安値の0.6504米ドルを下抜けたことで損切りを決断。0.6520米ドルのロングは先ほど0.6495米ドル付近でクローズした。この後は月末に絡んだフローの行方などを見ながら改めて戦略を考えたい。
2024/03/28 21:22
2024/03/28 17:00 ロンドン株式開始
2024/03/28 15:00 東京OPカット
2024/03/28 15:00 東京株式終了
 ドル円は、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入期待で150.00円、150.50円、151.00円と売り上っている。円買い介入が見送られて155円方向へ続伸した場合は、ポンドドルのショート1.3350ドルとユーロドルのショート1.1090ドルでクロス円にして塩漬けにする意向。
2024/03/28 14:57
カナダドル円、引値で22日陰線実体部の1/2戻し111.69円を超えたら買いたかったが、足元で5日線付近まで下押している。このまま同線を下抜け、20日以降支持となっている111円も割り込む場合、短期売りに妙味ありそう。といっても調整狙いなので利食いと損切りは早めにしたい。
2024/03/28 14:03
 スイスフラン円は昨日、166円半ばまで下落も200日線に届かず167円台まで下値を切り上げ。昨日スクエアにしてしまったが、追加利下げも示唆されている国の通貨フランを売り、緩和的だが利上げした国の通貨・円を買い目線。一先ず169円付近の90日線超えまでは耐えれるサイズで売り上がり
2024/03/28 14:00
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/03/28 09:55 東京仲値
2024/03/28 09:00 東京株式開始
タイニーLONGだったドル円を151.28円で全てスクエアにした。日経新聞に円安・円安と記事がたくさん記載されたらトレンドが終わることが多いからという理由だけだが。EURGBPも今日のLDNFIXで荒れそうなので、いったんスクエアにした。
2024/03/28 07:11
2024/03/28 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル円 151.40円で小幅のショート。ドル円は151円台で底堅さを示しているが、日本当局が一段の円安阻止に強い意志を示しており、いったんは調整売りに押される可能性はある。ただ、日銀がマイナス金利を解除し、足もとでは円買い材料は乏しく、150円台で利食いを検討。
2024/03/28 04:43
2024/03/28 01:30 ロンドン株式終了
ドル円はアジア時間に151.97円と1990年7月の高値を付けたが、20時30分過ぎには150.03円まで失速。NY市場に入ると対欧州通貨中心にドル買いが進んだ影響を受けて下げ渋る展開に。もっとも、政府・日銀による為替介入への警戒感が高まっていることから、戻りも限定的だった。
2024/03/28 01:05
2024/03/28 01:00 ロンドンFix
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。