イチオシ

弊社アナリストが勝手な思い込みや妄想も含めて相場への想いをつぶやいています。
Mr.Xからは、思わぬ市場の裏話や噂話が!
2024/07/17
2024/07/17 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/17 00:00 ロンドンFix
2024/07/16
0.8454ポンドのユーロポンドのショートは継続。下がったところのランド円を買いそびれたが、下に買いオーダーはおいたまま。ドル円もかなり下に買いを一応置いておく。
2024/07/16 23:03
2024/07/16 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/16 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円、現状は157.95円と157.45円の買い持ち(平均コストは157.70円)だが、ストップは157.90円に動かして足が出ないようにする。ファーストストキャスティクスでのGC出現を見たら、タイミング次第では少量買い増しも考えたい。
2024/07/16 22:14
 ドル加ドルを1.37加ドル超えでドルロングに。米小売売上高は予想比上振れ、一方でカナダCPIが予想より弱く、素直に追随してみる。1.36加ドル半ばでも少し買い増せる余力を残し、損切りは先週後半の安値の下1.3580加ドル割れ。
2024/07/16 22:06
2024/07/16 16:00 ロンドン株式開始
2024/07/16 15:00 東京OPカット
2024/07/16 15:00 東京株式終了
ユーロ円は173.00円、173.40円の売りがしっかりしてきたことから、173円台では上値が重いか。伸び悩んだ際に下押しを支える買いオーダーが付近に乏しいため、下値を探るリスクを警戒したい。
2024/07/16 14:51
ドル円の神経質な動きが続いており、クロス円も乱高下が継続しそうだが、クロス円の押し目買いスタンスを維持。CNHは独自に買い材料が乏しく売り圧力が強いものの、当局の人民元安定方針から大きな下げにもなりにくい。CNH円を21.80円でロング、21.50円割れまで押し目買いで臨みたい。
2024/07/16 13:52
 ドル円は、神田防衛ゾーン(157円~161円)の中のトランプトレードで、一目均衡表・基準線158.84円に接近している。160円がレッドゾーンなのか、155円割れを目論んでいるのか、月末の退任、日銀金融政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けて見極めていきたい。
2024/07/16 13:31
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
トランプ大統領復活が現実味を帯びたことによるドル高で昨日は売り一服となったドル・メキシコペソだが、チャートの形としては下落トレンドに入っているとみていいだろう。何はともあれ、重要なのは今日の米小売売上高。一段安を期待したい。
2024/07/16 10:57
2024/07/16 09:55 東京仲値
2024/07/16 09:00 東京株式開始
ドル円はパウエルFRB議長の発言を受けて157.19円と6月17日以来の安値まで急落したものの、売り一巡後は買い戻しが優勢となり、158円台前半まで持ち直した。政府・日銀による為替介入への警戒は根強いものの、下値は堅い印象。ただ、徐々に上値も切り下がっており、戻り売りが有効か。
2024/07/16 06:16
2024/07/16 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/07/16 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/16 00:00 ロンドンFix
2024/07/15
2024/07/15 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/15 22:30 ニューヨーク株式開始
 週明けのユーロNZドルは買い優勢。先週末に頭を抑えられた1.78NZドル後半を上抜けて、約2カ月ぶりの1.79NZドル台に乗せた。NZ金利先安観を頼りにしたトレンドを信じユーロ買い。5月高値1.81NZドル半ばをまずは目標。11日安値の下1.7750を割り込んだら損切り。
2024/07/15 20:58
2024/07/15 16:00 ロンドン株式開始
ユーロドルは本日NYカットの複数オプション(OP)が、NY時間10時(日本時間23時)のカットオフで期限切れとなって以降は、1.0895ドルや1.0900ドルにOPが残存する一方、下値は付近に残るOPが見当たらず。1.0860ドル割れにストップも控えており下方向へ動きやすいか。
2024/07/15 15:09
2024/07/13
2024/07/13 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/07/13 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/13 00:00 ロンドンFix
2024/07/12
2024/07/12 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/12 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円、158.20円の買いポジは、ストップを21時過ぎの下押し水準よりやや下158.45円に修正してマイナスが出ないようにする。ストキャスティクスのGCはまだなので買い増しは我慢。
2024/07/12 21:47
ポンド円、205.50・4.50円での押し目買いに部分決済とストップを置く。205.50円の買いに206.50円の利食いの指値を置き、204.50円の買いはキープするも204.80円にストップを入れる。円安地合いは続くと想定も、日本当局の介入に警戒。
2024/07/12 19:24
 本邦通貨当局は、ドル売り・円買い介入はイエレン財務長官の許可が必要なため、ユーロ売り・円買いの介入を目論んでいると思われるため、174円で売り。2000年10月、本邦通貨当局は107.53億円の円売り・ユーロ買い介入を行ったが、神田財務官は為替課長として参戦していたと思われる。
2024/07/12 17:40
2024/07/12 16:00 ロンドン株式開始
豪ドル円は朝方に下振れたこともあり、現時点でしっかりした買いオーダーが観測される水準は106.40円など106円半ばから。手前に押し目を拾うような買いが置かるまでは不安定な動きになりやすいか。上値は108.20円に相応の大きさの売りオーダーが見え、上昇を抑えるポイントになりそう。
2024/07/12 15:29
2024/07/12 15:00 東京株式終了
2024/07/12 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
0.8454ポンドのユーロポンドのショートは継続。ストップロスは0.8500ポンドで変わらず。2022年8月以来の0.8340ポンド台を目指したい。 ドル円は上を見ているが、さすがに介入っぽいことやったらすぐに上昇基調に戻るのは難しく時間がかかりそうだ。
2024/07/12 11:11
2024/07/12 09:55 東京仲値
2024/07/12 09:00 東京株式開始
ドル・メキシコペソは6月24日安値ブレイク後も戻り鈍く、短期的な下落トレンドは無事形成されたかな。米利下げ観測が盛り上がっている今のうちに6月初旬の17.4466ペソも抜けてくれると面白い。ペソ円は介入警戒感でちょっとボラありすぎて様子見。
2024/07/12 08:25
昨日の動きを尊重し、ドル円を売り目線。昨日レンジの半値159.60円と61.8%戻し160.11円でショート、損切りは161円超え。一部メディアが伝えたように、当局が為替介入を実施していたのでは?トランプ大統領の可能性が高まるなか、現財務長官の影響力は低下すると見ているのか。
2024/07/12 06:41
2024/07/12 05:00 ニューヨーク株式終了
豪ドル円のロング(106.60円、107.50円)は円急伸の影響でストップロス注文(107.50円)がついた。介入らしいとの話も聞かれているが、円売りの流れがこれで反転するとも思えないので、様子を見ながら再度ロングの参入処を探りたい。
2024/07/12 04:30
2024/07/12 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/12 00:00 ロンドンFix
2024/07/11
2024/07/11 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/11 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円、思わぬ形ではあるが160円を割ってきたので、現在レート(158.20円)で少量買い。ストップは現時点での本日安値のやや下157.30円。豪ドル円108.42円買いポジは108.55円でストップ成立。
2024/07/11 22:25
2024/07/11 16:00 ロンドン株式開始
2024/07/11 15:00 東京OPカット
2024/07/11 15:00 東京株式終了
ドル円は161.40円割れ付近から見え始めてきたストップロスの売りを巻き込んでの下振れが懸念される状態だったが、161.50円に本日NYカットのオプション(OP)が配置され下支えとなりそうなことで下値追いのリスクはいったん緩和。ただ、OPカットオフ後は再び下落リスクが高まる。
2024/07/11 14:54
 ユーロドルは1.1390ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0900ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2800ドルでショートだが、1.2900ドルで売り増す。ドル円も月末の日銀金融政策決定会合に向けて162.00円で売り増す。
2024/07/11 14:29
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ドル・メキシコペソはネックだった6月24日安値の17.8755ペソを下抜けたことで6月12日高値を起点とした下落トレンドが形成。次のターゲットは6月6日安値の17.446ペソとなるが、今日は米CPI。今から予想しても意味がないため、弱い結果での売り加速を期待したい。
2024/07/11 11:21
2024/07/11 09:55 東京仲値
9日に記載した0.8454ポンドのユーロポンドのショートは継続。ストップロスは0.8500ポンドで変わらず。6月14日につけた0.8397ポンドを割り込めば2022年8月以来の0.8340ポンド台を目指したい。ドル円の上目線も変わらず。
2024/07/11 09:20
2024/07/11 09:00 東京株式開始
 NZドル円はRBNZ声明を受けて急落し、ロングはストップアウト。NZドル/ドルを0.60ドル後半で拾えてしまい、こちらは90日線をクリアに割り込んだ0.6050ドル抜けで諦める。リラ円は4.90円割れでは下げ渋った。ロングは維持し、薄い雲抜けとなる4.78円割れで手放す。
2024/07/11 05:08
2024/07/11 05:00 ニューヨーク株式終了
豪ドル円のロング(106.60円、107.50円)は現在もキープ。ストップロス注文も107.50円で維持。追加ロングのチャンスがなかったことは残念だが、特に地合いの変化もないようなので、そのまま様子見を続ける。
2024/07/11 03:20
2024/07/11 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/11 00:00 ロンドンFix
2024/07/10
2024/07/10 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/10 22:30 ニューヨーク株式開始
 豪ドル円は30分足で108.60円レベルが分水嶺となっている模様。昨日108.42円の買いポジは、ストップを108.55円に引き上げて様子見。高いところで入ったので無理せず足が出ないようにしたい。
2024/07/10 21:39
2024/07/10 16:00 ロンドン株式開始
2024/07/10 15:00 東京株式終了
2024/07/10 15:00 東京OPカット
ポンド円は206円台で上値を試す動きとなっている。206.70円にはしっかりした売りがあるものの、その上の売り意欲はやや後退気味。206.70円超えのストップロスの買いが大きめなほか、そこからストップロス買いが並んでいるため、ストップを巻き込んでの上振れも期待できる。
2024/07/10 14:55
ユーロポンドのショートは変わらず、フランスの政局がどうやっても混迷から抜け出せそうもないので。 ドル円の上目線も変わらず。
2024/07/10 13:06
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/07/10 09:55 東京仲値
 ユーロドルは1.1390ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0900ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2800ドルでショートだが、1.2900ドルで売り増す。英仏の左派政権による財政拡大で、財政危機を見込む。
2024/07/10 09:28
2024/07/10 09:00 東京株式開始
昨日の6月メキシコCPIがかなり強い数字となったことでメキシコ中銀の利下げ観測がさらに低下している。これがペソ買いを促し、ペソ円は昨日指摘した6月6日高値の8.96円を上抜けて大統領選後の急落以来の9円台を回復。これでさらなる上昇が見込まれるようになった。10円台を期待したい。
2024/07/10 07:39
豪ドル円のロング(106.60円、107.50円)は現在もキープ。ストップロス注文を107.50円まで引き上げたことで利益確定を確実にし、気兼ねなく様子見を続けたいと思う。本日はNZ中銀の金融政策公表が控えており、その影響で一時的な下押しがあれば追加ロングも狙う。
2024/07/10 05:51
 NZドル円は98円半ばで支えられて98.80円付近まで上昇。減らしたロングはもったいないが、上向き目線は変わらず。残りのロングのストップロスは転換線や5日安値の下、98.20円割れに置く。NZドル/ドルはやや上値重いが、90日線0.6060ドル台をバックに買っても面白そう。
2024/07/10 05:09
2024/07/10 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/07/10 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/10 00:00 ロンドンFix
2024/07/09
2024/07/09 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/09 22:30 ニューヨーク株式開始
2024/07/09 16:00 ロンドン株式開始
2024/07/09 15:00 東京株式終了
2024/07/09 15:00 東京OPカット
ユーロ円は174円台で戻りを試す動き。174.70円超えにストップロスの買いが見えている。174.50円にあるやや規模が小さめのオプションが重しとなるか微妙でもあるが、同ストップを巻き込み、厚い売りが観測される175.00円の節目を試す展開へ持ち込めるか注目したい。
2024/07/09 14:53
ペソ円はゆっくりながらも着実に下値を切り上げており、直近6月6日高値の8.96円が目前に迫っている。ここをしっかりとブレイクすればメキシコ大統領選後の急落した後の戻り高値を更新するため、本格的な反発となることを期待したい。
2024/07/09 13:54
ユーロポンドを現行水準0.8454ポンドでショートにしてみた、0.8500ポンドを超えたらすぐにあきらめる予定。ドル円はまだ上目線。
2024/07/09 13:05
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/07/09 09:55 東京仲値
2024/07/09 09:00 東京株式開始
2024/07/09 05:00 ニューヨーク株式終了
 NZドル円は欧州前半に98円後半まで強含むも、ドル円の伸び悩みとともに上値を切り下げる展開。米株もさすがに重くなりつつあり、NZドル円も上昇一服感が漂いつつある。ロングは半分減らし、損切りは98円を割れたところに置く。
2024/07/09 02:23
2024/07/09 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/09 00:00 ロンドンFix
2024/07/08
2024/07/08 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/08 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円158.15円の買いは、前週の6月米雇用統計後の乱高下で160.40円のストップ成立して利益確定。上昇トレンドの中でストキャスティクスがDCしているので、できれば下値圏でのGCを見てから買いたい。
2024/07/08 21:32
ポンドドル、1.2825ドルでショート。英総選挙を通過し、市場は再び英中銀の利下げ時期を見極める展開に。先週の米経済指標のさえない結果が目立ち、ポンドドルは堅調も英中銀の利下げへの警戒感も強く、上値は限定か。ストップは3月に記録した年初来高値1.2894ドルを意識した水準に置く。
2024/07/08 19:19
2024/07/08 16:00 ロンドン株式開始
2024/07/08 15:00 東京OPカット
2024/07/08 15:00 東京株式終了
欧州勢がユーロを何するか次第。政治的なことを考えると中期的にユーロポンドのショートとかが良いのかも。0.8500ポンドを上抜けるまで、ユーロ売り・ポンド買いで攻めたい。
2024/07/08 13:00
 ドルメキシコペソは先週末18ペソまで下落したものの、嫌な十字線で終わってしまったか。ただ、18ペソ割れなら6月24日安値の17.8755ペソのブレイクが現実味を帯びてくるので、とにかく抜けてほしいところ。
2024/07/08 12:28
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ポンドドルは、しっかりしてきた1.2840ドルの売りオーダーが目先の重し。1.2860ドルや1.2900ドルにも売りが順次控えている。 一方、下値は1.2700ドルまで支えとなりそうな買いが現時点では見当たらない。伸び悩みから下値を探りやすい状態といえる。
2024/07/08 11:01
2024/07/08 09:55 東京仲値
 ユーロドルは1.1390ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0900ドルで売り増す。仏議会での左派連合の躍進により、財政危機への警戒感から下値リスクが高まると予想する。欧州委員会は過剰赤字手続きを開始すると勧告しており、新政権は公約に反する増税と歳出削減を余儀なくされる。
2024/07/08 09:31
2024/07/08 09:00 東京株式開始
2024/07/06
注目の6月米雇用統計の結果については「労働市場の底堅さとインフレ圧力が幾分鈍化したことを示唆する内容だった」と受け止められ、ナスダックやS&P500は史上最高値を更新。米長期金利は低下した。来週以降も株高・円安の流れが続きそうだ。ドル円やクロス円の押し目を拾っていきたいところ。
2024/07/06 05:35
2024/07/06 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル/加ドルは全般ドルの重い動きが上値を圧迫するも、1.36加ドル近辺で下げ渋った。カナダの6月雇用データでは、失業率が6.4%と2年5カ月ぶりの高い水準となった。加中銀が今月に利下げに踏み切る可能性が強く、加ドルの重い動きが続くと想定し、ドル/加ドルは押し目買いを維持。
2024/07/06 03:19
2024/07/06 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/06 00:00 ロンドンFix
2024/07/05
2024/07/05 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/05 22:30 ニューヨーク株式開始
 ユーロドルを1.0900ドルで売り増す。現在1.1390ドルと1.0800ドルでショートだが、フランスの財政危機への警戒感から下値リスクが高まると予想する。
2024/07/05 22:10
ポンド円は、この後の米雇用統計を受けたドルや円の振れ次第だが、206.00円や206.20円に売りが控える上方向より、支えとなりそうなしっかりした買いが乏しい下方向への値動きが大きくなりそうな状態に見える。
2024/07/05 21:21
2024/07/05 16:00 ロンドン株式開始
ドル円、160円台半ばへの下押しを見て、買い増したい気持ちをぐっと抑えて様子見。ストップは160.40円で変わらず。本日は米雇用統計という不確定要素があるほか、ストキャスティクスはダイバージェンス中なので。かといって上昇トレンドの中での調整安狙いは相場観を崩しそうなので控える。
2024/07/05 15:13
2024/07/05 15:00 東京OPカット
2024/07/05 15:00 東京株式終了
ドル・メキシコペソは3日陰線で下落リスクが高まっている。6月24日安値の17.8755ペソ付近が徐々に近づいてきており、ここを抜ければ6月12日高値19ペソ付近を起点とした短期的な下落トレンドが築かれるため、米雇用統計での下押しを期待したいところ。
2024/07/05 13:34
昨日からのドル円の重さが気になるが、160円割れまでは一応ロングはキープしておきたい。本邦個人消費がこれだけ伸びないで、7月の日銀政策決定会合で利上げへの道筋を示すというのは、どうにかしていると思ってします。
2024/07/05 13:25
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
豪ドル円は現在もロング(106.60円、107.50円)をキープ。本日は注目の米雇用統計が控えているが、強弱どちらの結果であってもドル円と豪ドル米ドルの間で相殺され、豪ドル円への影響は限られると予想。現時点では一時的な下押しがあればロングを追加するぐらいで基本は様子見としたい。
2024/07/05 10:53
2024/07/05 09:55 東京仲値
2024/07/05 09:00 東京株式開始
本日は米国市場が独立記念日の祝日で休場となったため、NY時間に限れば比較的狭いレンジでの値動きに終始した。明日5日発表の6月米雇用統計の結果を見極めたいとの雰囲気もあった。市場では「今後も円安は緩やかに進行する」との見方が多い。ドル円やクロス円の押し目を拾っていきたいところ。
2024/07/05 06:08
2024/07/05 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/05 00:00 ロンドンFix
2024/07/04
 本日は、ニューヨーク市場が休場のため動きづらい展開か。可能性は低いものの、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入には警戒しておきたい。神田財務官は、2022年秋と2024年春に薄い市場を狙って円買い介入を行ってきている。介入期待の162.00円のドル売りオーダーは継続する。
2024/07/04 17:11
2024/07/04 16:00 ロンドン株式開始
メキシコペソは昨日も海外市場で上昇し、ドル・ペソは昨日も指摘した通り、6月24日安値の17.8755ペソ付近を下抜ければ下落が期待できそうだ。ただ、今日はNY市場が休場となっており、市場参加者がかなり少ないことが予想される。ペソの動きもあまり期待は持てないか。
2024/07/04 15:57
ドル円、158.15円買いポジのストップは160.40円で変更なし。本日は米国休場、明日は6月米雇用統計ということもあり、買い増しは一旦控える。ストキャスティクスがダイバージェンスしているのも気になるので。
2024/07/04 15:17
2024/07/04 15:00 東京OPカット
2024/07/04 15:00 東京株式終了
ドル円のロングを昨日記載したとおりに下がったところの161.20円でナンピン。決して持ち値は良くないが、160円割れまでは持っている予定。
2024/07/04 12:43
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/07/04 09:55 東京仲値
2024/07/04 09:00 東京株式開始
 NZドル円は昨日も円安の流れに乗って、98.70円台まで上昇。良好なリスクセンチメントも追い風になっている。一目転換線が98.02円まで上がってきており、98円半ばから前半にかけて買ってみたい。2日安値97.75円を割り込んだら撤退。100円手前では売り戻し。
2024/07/04 08:06
ドル円は161.95円と1986年12月以来約37年半ぶりの高値を付けたものの、その後発表の6月ADP全米雇用報告などが予想より弱い内容だったことが分かると160.78円と日通し安値を付けた。もっとも、売り一巡後は161.75円付近まで持ち直した。引き続き押し目買いが有効か。
2024/07/04 05:40
2024/07/04 05:00 ニューヨーク株式終了
予定通りにドル/加ドル1.3630加ドルでロング。さえない米経済指標の結果を受けて全般ドル売りが優勢となるも、ドル/加ドルは1.36加ドル前半で下げ渋っている。1.37加ドルを挟んでのレンジ相場が続くと想定。ストップを1.35加ドル割れに置いて押し目には買い増し。
2024/07/04 02:59
2024/07/04 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/04 00:00 ロンドンFix
2024/07/03
2024/07/03 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/03 22:30 ニューヨーク株式開始
豪ドル円は108.20円から並ぶ売りが重しとなりそうで、108円台で伸び悩むか。下値107.20円・107.10円割れに見えるストップロスの売りを狙って下振れるリスクに留意したい。
2024/07/03 21:56
昨日のメキシコペソは堅調地合いを保ちながら終了したため、ドルペソは昨日指摘した通り、上髭2本を形成していったんの頭打ちの可能性が出てきた。ここからは6月24日安値の17.8755ペソ付近をブレイクすれば反発トレンドは崩れる為、意識したい。
2024/07/03 18:30
2024/07/03 16:00 ロンドン株式開始
ドル円は買い増ししたいが、高値掴みの恐怖から手が出ない。158.15円の買いポジはストップを1日安値(160.63円)のやや下160.40円に変更して様子見。
2024/07/03 15:22
2024/07/03 15:00 東京OPカット
2024/07/03 15:00 東京株式終了
 今週末の仏決選投票に向けて政局混迷と財政危機懸念を狙ってユーロドルを1.0800ドルで売り。ユーロドルショート1.1390ドルはドル円ショートと絡めてユーロ円ショートにして介入の有無を見極め。ドル円も162.00円で売り。米雇用統計、介入、日銀利上げ観測などで押しを見込む。
2024/07/03 13:16
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ポジションは変わらず。ドル円は小玉ロングにしたが、下がったらナンピンをする予定。160円割れまでは保持すると思う。介入はおそらく「できない」と思う。米国が明日独立記念日で休場の中でドル売り介入をしたら、またイエレンさんが怒ることになるでしょうし。
2024/07/03 11:19
2024/07/03 09:55 東京仲値
2024/07/03 09:00 東京株式開始
注目のパウエルFRB議長の発言については「新味に乏しい内容」と受け止めが多かった。ドル円は一時161.27円と日通し安値を付けたものの、予想を上回るJOLTS求人件数を受けて161.62円付近まで持ち直した。なお、4日の独立記念日の祝日に絡んで連休を取る市場関係者は多いようだ。
2024/07/03 06:16
2024/07/03 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/07/03 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/03 00:00 ロンドンFix
2024/07/02
2024/07/02 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/02 22:30 ニューヨーク株式開始
メキシコペソは依然として上値重いが、ドル・ペソは先月28日に付けた18.5988ペソが上髭になって今日も18.4953ペソで今のところ上髭。このまま下落すればいったんの戻りを確認したことになるか。
2024/07/02 21:26
豪ドル/ドルは下値を探る動きが先行したが持ち直し、来週が期限の0.6645・0.6650ドルオプション(OP)前後へ浮上。このレンジの底堅さを確認できれば、0.6660ドルの売りをこなし、同水準超えおよび0.6670ドル超えに並ぶ大きめなストップロス買いを巻き込み上振れるか。
2024/07/02 20:18
2024/07/02 16:00 ロンドン株式開始
 トルコリラはやっと年初来高値を更新し、久しぶりに200日線も超えて引けた。ドル円次第ではあるが、5円も視野に入りつつある。他クロス円に比べて寂しい感じもするが、下値は固くなってきたのは確か(と思いたい)。4.70円割れに損切りを置いてロング継続。
2024/07/02 15:18
ドル円はじり高推移が継続、陰線の抱き線でもつけないと止まらなさそうな感じ。少量だが158.15円買いポジがあるので買い増しはじっくり待ちたい。トルコリラ円4.87円買いポジのストップは6月安値のやや下4.65円に変えるが、万一エルドアン大統領が変心したらすぐ逃げるようにしたい。
2024/07/02 15:11
2024/07/02 15:00 東京株式終了
2024/07/02 15:00 東京OPカット
 今週末の仏決選投票に向けて政局混迷と財政危機懸念を狙いユーロドルを1.0800ドルで売り。ユーロドルショート1.1390ドルはドル円ショートと絡めてユーロ円ショートにして介入の有無を見極める。ドル円も162.00円で売り。仏リスク、円買い介入や利上げ観測などで押しを見込む。
2024/07/02 14:40
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
ユーロドルはショート継続。ドル円は鈴木財務相の「為替相場はいろいろな要因が絡み合い市場において決定される」って言葉が気になる。イエレンにこの前の介入後に怒られたから、「市場において決定」可能性も?その場合は介入できない、しないのかも。少なくともドル円の売りの発言ではないと思う。
2024/07/02 11:10
2024/07/02 09:55 東京仲値
2024/07/02 09:00 東京株式開始
ドル円は米長期金利の上昇を受けて161.73円と1986年12月以来の高値を付けた。市場では「ロンドンフィキシングに向けて、月初や期初に絡んだドル買いが入った」との指摘もあった。なお、米指標が予想を下回ったことが伝わると161.01円付近まで下押ししたが反応は限定的だった。
2024/07/02 05:39
2024/07/02 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル/加ドル1.3640加ドルのロングを1.3740加ドルで利食い、加ドルのポジションをスクエアーに。当面は1.37加ドルを挟んでのレンジ相場が続くと見込み、1.36加ドル台で引き続きロングを検討。米長期金利の上昇傾向が続いており、ドル高の流れは続くと予想。
2024/07/02 04:41
2024/07/02 00:30 ロンドン株式終了
2024/07/02 00:00 ロンドンFix
2024/07/01
2024/07/01 23:00 ニューヨークOPカット
2024/07/01 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円は161円台でじり高も、途中161円以下へ押し返される場面があった。161円の大きめなドル・コール(買い権利)オプション(OP)が引き下げ効果を示した可能性があるほか、少し離れて警戒感は後退も、160.25円にある本日NYカットOPも同様の効果を示すと推察できる。
2024/07/01 21:51
2024/07/01 16:00 ロンドン株式開始
 フランス下院選挙の第1回投票を終え、窓を開けて上昇したユーロポンドやユーロCHFを買い目線で。追いかけて振り落とされるのも辛いので、ユーロポンドは0.8470-75、ユーロCHFは0.9640-50辺りの下押しを待ちたい。損切りは0.8430ポンドと0.9590フラン。
2024/07/01 15:24
ドル円は前週の下押しで160.20円レベルが支持になったので、ストップを同水準のやや下159.90円に修正。ランド円7.78円買いはストップを南ア総選挙後の下押し水準(8.19円)より下の8.10円に変更し、買い指値はキャンセル。
2024/07/01 15:20
2024/07/01 15:00 東京株式終了
2024/07/01 15:00 東京OPカット
豪ドル円のロング(106.60円)をキープする以外の戦略が浮かばない。ここからできることといったら前週末安値を参考にしてストップロス注文を106.50円付近まで引き上げること、この後も底堅さを示すようなら追加でロングを入れるくらいか。
2024/07/01 14:49
 今週末の仏決選投票に向け、仏政局混迷と財政危機懸念を狙いユーロドルを1.0800ドルで売る。ユーロドルのショート1.1390ドルはドル円ショートと絡めてユーロ円ショートにして介入の有無を見極める。ドル円も161.20円で売り指値する。介入警戒や日銀利上げ観測などで押しを見込む。
2024/07/01 13:06
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
朝から買い戻されているがユーロドルショートを継続。ドルランドは週末に野党第一党のDAが連立政権に加わったことで、ランド売りには当面はしない。連立離脱とかになってからで売るのなら追い付けると思う。ドル円は先週買いオーダーを置いていたが惜しくもつかず。
2024/07/01 10:19
2024/07/01 09:55 東京仲値
2024/07/01 09:00 東京株式開始
2024/06/29
米物価指数が予想に沿う形で鈍化したことが分かると、ドル円は160.26円まで値を下げた。ただ、そのあとはフィキシングに絡んだ円売りのフローが観測されたことで160.96円付近まで持ち直している。来週は東京市場で付けた約37年半ぶりの高値161.27円を更新出来るかどうかが焦点。
2024/06/29 05:49
2024/06/29 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/06/29 00:30 ロンドン株式終了
2024/06/29 00:00 ロンドンFix
2024/06/28
メキシコペソ円はこのままだと4日陰線は避けられそうだ。なんとか日足・一目転換線もキープできそうな水準ではあるため、来週からの反発を期待して、今日は週末とあって特段手を出すことはなく、様子見で週を超したい。
2024/06/28 23:20
2024/06/28 23:00 ニューヨークOPカット
2024/06/28 22:30 ニューヨーク株式開始
本日の欧州勢参入後に豪ドル円を予定通りに買い。106.60円付近で軽くロングにした。米PCEデフレーターなどの重要指標を控えて荒い展開となる可能性もあるため、106.00円割れ辺りにストップロス注文を置いたうえで、ここからは様子見としたい。
2024/06/28 18:20
ユーロドルショートを継続。ドルランドは週末に交渉結果出て、もし野党第一党のDAが連立政権に加わらない場合はランド売りを仕掛ける予定。 ドル円は介入は全く警戒していないが、下がったら買いを入れておく予定。
2024/06/28 17:50
2024/06/28 16:00 ロンドン株式開始
ドル円は161円台の高値圏へ上振れたが、161.00円にある大きめなドル・コール(買い権利)オプション(OP)が相場の引き下げ効果を示している可能性もあり、161円割れへ押し戻される場面がある。目先は同OP付近の動向を注視したい。
2024/06/28 15:09
2024/06/28 15:00 東京株式終了
2024/06/28 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 今週末の仏総選挙に向けて政局混迷と財政危機懸念の高まりを狙いユーロドルを1.0750ドルで売り指値。ユーロドルショート1.1390ドルはドル円ショートと絡めてユーロ円ショートにして介入待ち。本日退任発表の神田財務官は7月下旬のG20まで職務を遂行するとのことで神田ラインは有効。
2024/06/28 12:36
2024/06/28 09:55 東京仲値
2024/06/28 09:00 東京株式開始
ここ3日はペソ安が続いており、ドル・ペソ次第の展開となっている。今日もNY時間には米インフレ指標の発表があり、米金利に大きく左右されそうだ。週末とあって簡単には手は出せないが、続落を回避するきっかけが欲しいところ。
2024/06/28 05:42
ドル円は米長期金利の低下を受けてNY序盤に160.29円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢に。円の先安観を背景に全般円売りが出やすい地合いだった。5時前には160.82円まで上昇し、前日に付けた1986年12月以来約37年半ぶりの高値160.87円に迫った。
2024/06/28 05:39
2024/06/28 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/06/28 00:30 ロンドン株式終了
2024/06/28 00:00 ロンドンFix
2024/06/27
2024/06/27 23:00 ニューヨークOPカット
2024/06/27 22:30 ニューヨーク株式開始
 ランド円、7.78円買いポジはストップ52週線(7.99円)で変わらず。もし南ア国内政局のごたつきで下げても総選挙後の下押し水準(8.19円)付近で下げ渋るようならば、少量買い増しも検討。  ドル円は158.15円買いポジは、ストップ159.45円で変更なし。
2024/06/27 21:56
明日に注目の米PCEデフレーターが発表されるため、指標結果次第でリスクが高まるドル絡みの取引は避けたいところ。無難にいくのであれば豪ドル円の押し目買い辺りか。足もとでは調整が入っているようだが、調整一巡後に拾ってみたい。
2024/06/27 21:14
ユーロドルのショートは継続。ドル円はまだ上目線で見ている。ドルランドは、与党が野党第1党DAに対して重要ポストを与えない可能性があり、下手すればDAが連立に加わらない可能性も。そうなった場合はランド売りで参入する。
2024/06/27 17:06
2024/06/27 16:00 ロンドン株式開始
 トルコリラ円は昨日上昇も、本日は4月29日高値4.91円前に伸び悩み。今晩はトルコ中銀が政策金利を発表するが、50%で据え置きがほぼ確実視されている。サプライズなき会合ではあるが、インフレ見通しに変化があるか注目したい。リラ円ロングの損切は4.70円割れで。
2024/06/27 15:24
2024/06/27 15:00 東京株式終了
2024/06/27 15:00 東京OPカット
ドル円の160.25円にあるオプション(OP)は相場引き下げ効果を示す可能性があるポジション。昨日も159.50円OPが同様の効果を示すかもしれないとの観測が不発に終わった後だけに警戒感は強くないかもしれないが、急に下向きの流れを作り出すこともあるため一応気に掛けておきたい。
2024/06/27 14:50
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 週末の仏総選挙に向けて、フランス政局混迷と財政危機懸念の高まりを狙ってユーロドルを1.0750ドルで売り指値。ユーロドルのショート@1.1390ドルはドル円のショートと絡めてユーロ円のショートにして介入の有無を見極める。ユーロ/スイスフランは@0.9600フランでショート。
2024/06/27 12:17
2024/06/27 09:55 東京仲値
2024/06/27 09:00 東京株式開始
ドル円はレジスタンスとして意識されていた4月29日の高値160.17円や1990年4月17日の高値160.20円を上抜けて、一時160.84円と1986年12月以来約37年半ぶりの高値を付けた。しばらくは上値の目処がない。押し目を待つ状況だが、下押しらしい下押しもない。
2024/06/27 05:33
メキシコペソは相変わらずボラタイルな不安定な動きを続けている。昨日はドル高となったことに素直に売りで反応している。明日にはメキシコ中銀の政策発表がある。据え置きは確定だろうが、総選挙を受けたペソ急落について声明で何か言及があるかどうかを確認したい。
2024/06/27 05:23
2024/06/27 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/06/27 00:30 ロンドン株式終了
2024/06/27 00:00 ロンドンFix
2024/06/26
2024/06/26 23:00 ニューヨークOPカット
2024/06/26 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円は160円台に乗せてきた。158.15円買いポジは、ストップを現時点での本日安値(159.62円)のやや下、159.45円に変更して様子見。急落に備えつつ流れについてゆきたい。
2024/06/26 21:55
ユーロドルのショートは継続。ドル円は介入警戒は一切ないし、為替当局者が一定の水準(例えば160円など)を防衛するとかは考えていない。しかし、160円に今日から28日までオプションが山ほどあるから上値が抑えられそう。抜けるとしたらOPカット後の月末のドル買いか。
2024/06/26 17:15
2024/06/26 16:00 ロンドン株式開始
2024/06/26 15:00 東京OPカット
2024/06/26 15:00 東京株式終了
昨日に予想を上回るカナダの5月CPIを受けて加中銀による7月追加利下げ思惑が後退し、加ドルに買いが入った。ただ、ドル/加ドルの下押しは限定的。ドルの堅調地合いが続くと想定し、ドル/加ドルの押し目買いスタンスを維持。
2024/06/26 14:21
ドル円は相場の押し下げ作用が想定された159.50円OPから離れた。だがカットオフのNYタイム10時(日本時間23時)まではOP絡みで振れるリスクに一応留意。下振れ後、カットオフ付近のOP絡みのオペレーション一巡と判断し、元の水準へ急に戻すパターンも散見されるため注意が必要。
2024/06/26 13:17
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 ユーロ豪ドルを1.6060台で試し売り。上振れ予想の豪CPIが更に加速しており、RBA利上げが現実味を帯びてきた。一方、ユーロは仏選挙への警戒感がくすぶっており、上値は限定されそう。巻き戻しとなった場合も1.62辺りまで売り上がれる余裕は残しておく。1.63超えで諦める。
2024/06/26 11:04
2024/06/26 09:55 東京仲値
2024/06/26 09:00 東京株式開始
ドル円はボウマンFRB理事の発言を受けて一時159.76円と日通し高値を付けたが、前日の高値159.92円がレジスタンスとして意識されると伸び悩んだ。市場では「160円の心理的節目を前に為替介入への警戒感もあり、上値は限定的だった」との声も。しばらくは押し目を待つ状況だ。
2024/06/26 06:12
 週末の仏総選挙に向けて、フランスリスク懸念の高まりを狙ってユーロドルを1.0800ドル、ユーロスイスフランを0.9600CHFで売り指値。また、リスク回避の高まり、本邦通貨当局による円買い介入期待、日本国債購入減額への思惑を狙って、ドル円を160.00円で売り指値する。
2024/06/26 05:59
足もとでメキシコペソのショートカバーが強まったと思ったら、昨日は特段材料がないにもかかわらずペソが急落した。これは総選挙以降、ボラティリティが高まっており、小さいアマウントでも値が振れやすくなっていることが原因だろう。こういう時はむやみやたらに手を出すのは賢明ではない。
2024/06/26 05:51
2024/06/26 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/06/26 00:30 ロンドン株式終了
2024/06/26 00:00 ロンドンFix
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。